介護の転職サイトでおすすめは?エージェントって利用した方がいいの?

介護職で転職活動をしていて、転職サイト(エージェント)に登録した方がいいのか悩まれているかもしれません。

最初に結論からお伝えしますが、介護職が転職を考えているのであれば、無料で登録、利用できるので転職サイト(エージェント)を利用した方がいいです。

この記事では、

  • なぜ転職サイト(エージェント)を利用した方がいいのか
  • 転職サイトのデメリット
  • おすすめの転職サイト

の3つを解説していきます。

この記事を読んで、あなたの転職活動にお役立てくださいね。

介護職の転職は介護転職サイト(エージェント)を使った方がいい?

介護職で転職を考えるなら、ハローワークを利用しつつも、介護転職サイト(エージェント)に登録した方がいいです。

介護の転職サイトもハローワークと同じように無料で利用できますしね。

なぜ、介護転職サイトに登録した方がいいかと言うと、

  • 時間の節約になりモチベーションも保ちやすい
  • 便利だけどハローワークには問題点もある
  • 介護職員は転職(就職)活動に慣れていないことが多い

という理由があるからです。

時間の節約になりモチベーションも保ちやすい

ネットやハローワークで求人を見ることもできますが、実際のところはお給料などの待遇がよくわからないことが多いです。

なので、一人で求人を見ながらモンモンと悩んで時間のみ経っているなんてこともよくあります。

しかし、そんなふうに悩んでいたのに、介護転職サイトに登録すると非公開求人も多くあり、悩みが一発で解決したなんて声もよく聞きます。

しかも、転職コンサルタントがこちらの条件に応じた職場を探してくれ交渉もしてくれます。

介護転職サイトやエージェントに登録すると、かなり時間の節約にもなり、相談にものってくれるので転職のモチベーションが保ちやすくなります。

ハローワークは便利だけど問題点もある

ハローワークは転職を考えている人にとって、とても便利な存在です。

そして採用する側の介護施設も無料で求人を登録することができ採用する側にもありがたいとも言えます。

ただそんな便利なハローワークにも問題があると言われています。

それは、

ハローワークは掲載基準のチェックが甘いと言われていること

です。

ハローワークも掲載基準がありますが、掲載通りの待遇と行われているかどうかのチェックがゆるいようで、正直微妙な(ブラックな?)施設も求人を出し続けたりといったことがあるみたいです。

実際私も転職活動時ハローワークも利用しましたが、そんな求人と思われるものも。

私の地方の介護業界に詳しいケアマネさんから、「その求人は一見条件が良さそうに見えるけど実際は異なる」と聞いてビックリしました。

 

転職サイトやエージェントでは比較的このようなチェックもされているようです。

転職エージェントは民間企業なので変なチェックをしてしまうと、信頼が落ちてしまって商売にならなくなることが大きいのでしょう。

でも、ハローワークでは、雇う側が実際の求人と違う条件を出していてもチェックが甘い傾向にあるようです。

 

そして、ハローワークは雇う側の介護施設にとって、無料で求人を登録できるということはありがたいことですが、これは、求人にお金をかけたくない(かけれない)ということでもあります。

このことはハローワークにだけ求人を登録する介護施設は採用活動をそこまで大事に思っていないと予想できます

介護施設の質は何によって決まるかというと、間違いなく職員です。

全ての施設でそうとは言いませんが、その最初の一歩である採用活動に予算を組んでいない(お金をかけたくない)ことは、職員を大事に考えていない施設も多いだろうと容易に想像できます。

介護職員は就職(転職)活動に慣れていない人が多い

いわゆる一般企業の就職(転職)活動は1次、2次面接とステップアップしていくことが多いのですが、介護業界は1次のみの面接で決まってしまうことも多いです(なので、1次面接が最終面接でいきなり理事長や施設長が出てきたりします)。

また、介護の学校を卒業するタイミングの新卒での就職活動でも、学校の先生がコネを使って紹介してくれたり、実習に行った施設で気に入られて採用になったりするケースを多く聞きます。

一般企業の就職活動では何十社も企業を回る経験をして、就職するのが普通です。

でも、介護業界は何十社も企業を回る経験をせずに就職した職員も多く介護職はあまり就職(転職)活動というものを経験せずに、社会人生活を送っている人も多いようです。

そんな就職活動そのものに慣れていないため、細かいこともよくわからず不安になったり、条件などの交渉も苦手な傾向にあります。

介護転職サイトに登録すると、転職活動の疑問点の解消から、施設への条件交渉まで行ってくれます。

介護の転職エージェントを利用するデメリットは?

介護の転職エージェントのデメリットは?

今まで良いことばかりお伝えしてきましたが、もちろん介護の転職エージェントに登録することのデメリットもあります。

介護転職サイトやエージェントのデメリットってある?転職経験者が本音で語る!

例えば、

  • コンサルタントとの電話やメールのやり取りが面倒
  • コンサルタントと合わない可能性がある
  • 地域に偏りがある

はデメリットになります。

転職エージェントに登録すると、コンサルタントと電話などでやり取りしながら、転職活動をすすめていくので、自分のペースでやりたい人にとっては、正直うっとおしい部分もあると思います。

また、人間同士なので、どうしても担当のコンサルタント合わない可能性もあって、合わないコンサルタントが担当になると転職のモチベーションが落ちることもあります。

そして、転職エージェントは地域に偏りがあって、大都市圏にのみ対応しているエージェントも多くあります。

エージェントによっては、お住いの地域にほとんど求人がないなんてケースもあるようです。

デメリットも考え方次第ではある

上記のような3つのデメリットがあることをお伝えしました。

ただデメリットも考え方次第とも言えます。

1つ目のデメリットは?

1つ目のデメリットで挙げた、コンサルタントとやり取りするのが面倒なのは事実ですが、自分1人で探した場合の方が面倒であることがほとんどです。

コンサルタントがいないと、

  • 自分1人で転職のモチベーションを保つ
  • 1人で転職先の施設を探して決める
  • 個人で連絡して、面談の日程を整える
  • なれない条件の交渉をする

を自分1人で行う必要があります。

でもコンサルタントがいると、

  • 書類作成など転職に関する細かい相談ものってくれる
  • あなたの希望に合う施設を探してくれる
  • あなたの代わりに面談の日程を調節してくれる
  • コンサルタントが条件面の交渉もしてくれる

とこれらのことをやってくれます。

これらを自分1人でやろうと思うとかなり大変です。

転職活動は効率よく動かないと、1~2か月くらいはあっという間に過ぎてしまいます。

転職活動は、求人を探して、求人に応募して、面接の日程を教えてもらって、合否を待つという手順を踏む必要がるので、あっという間に月日が経ってしまいます。

専門のコンサルタントと相談しながらすすめることで、効率よくモチベーションを保ちながら転職活動もしやすくなりますよ。

2つめのデメリットは?

2つ目のデメリットで挙げたように、担当と合わない場合もあると思います。

ただ、この場合は担当のコンサルタントを変更したらいいだけですし、変更が言いにくいなら、あらかじめ複数の転職エージェントに登録したらいいだけです。

もし担当のコンサルタントが自分と合わなかったとしたら、確かにかなり残念ではあります。

でも、もっと残念な結果になるのは、転職先の人間関係が合わないことです。

専門のコンサルタントは人間関係などの裏情報も知っていることもあります。

担当のコンサルタントを合わないかもなんて登録をためらっていると、もっと残念な結果もまねきかねません。

客観的な情報は少しでも多い方がいいと思うので、その意味でも複数の転職エージェントに登録してみましょう。

複数のエージェントに登録しておくと、合わないと思っていたエージェントも他社と競争になるので、がんばってくれるかもしれませんよ。

3つ目のデメリットは?

3つ目のデメリットに挙げた地域に偏りがあるエージェントが多いことも事実です。

でも、今は大都市だけではなく、全国対応の求人数が多いエージェントも増えています。

そんな求人数が多いエージェントを選べばいいだけです(以下に紹介するサイトでは、スマイルサポートやクリックジョブが全国対応で求人も多いです)。

求人数が多いエージェントは非公開求人も多くあつかっています。

介護施設で非公開求人にするのは、エージェントの力を借りて効率的により良い人材を得ようと思っているからです。

 

介護業界にいたら介護サービスという第3者が介入することで、利用者さんと家族の仲が改善されたなんてケースもよく聞くと思います。

介護の転職エージェントも同じような感じです。

介護の転職エージェントという第3者が介入することで、

  • 良い転職先で働きたい雇用者
  • より良い人材が欲しい介護施設

の双方ともに利益を得ることもできます。

もちろん転職エージェントもいい人材を紹介することで介護施設からお金をいただいます(転職希望者は無料です)。

この報酬も紹介した人がすぐに辞めてしまうと、エージェントにお金が入らない仕組みになっていることが多いです。

こんなふうにエージェントも真剣になるような仕組みになっています。

介護業界以外の転職活動でも、最近は転職エージェントを使って転職するのが主流になってきています。

介護業界で転職活動をされるのであれば、無料で登録できるので介護の転職エージェント(サイト)に登録することをおすすめします。

介護転職サイト(エージェント)でおすすめは?

介護転職サイトは数多くあってどれを選んだらいいのかよくわからないと思うので、当サイトでは3つ紹介しておきます。もし転職を考えているならリンク先の内容を見て、自分に合いそうなサイトに登録されることをオススメします。

スマイルSUPPORT介護

まず最初にオススメするのは、スマイルSUPPORT介護です。

スマイルSUPPORT介護は

  • 求人案件数も国内最大級に加えて、ウェブやハローワークに載っていない好待遇の非公開求人が多い。
  • 運営会社のHITOWAキャリアサポートは介護施設や福祉施設などを運営し、介護・福祉・医療サービスを幅広く提供する会社のため、相談にのってくれるコンサルタントも介護職に対する理解度が高い。
  • 求人サイトのサポートは大都市圏のみということが多いが、地方も多くサポートしてくれる。(北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県)

といった特徴があります。

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

クリックジョブ介護

次にオススメするのがクリックジョブ介護です。

クリックジョブ介護は

  • 業界最大手で全国の求人(非公開求人も多数)があり、利用者満足度97%、月間利用者数は約10万人もいる。
  • 転職活動を始めると交通費も結構かかるが、面接の度に交通費1000円を支給するサービスを行っている(転職経験者だったらわかると思うけど非常にありがたい!)。
  • 転職に関するノウハウが豊富で面接や履歴書の書き方の相談も専任のコンサルタントが一からしっかりサポートしてくれる。

といった特徴があります。

介護の転職なら『クリックジョブ介護』

ベネッセMCM

そして、次にご紹介するのがベネッセMCMです。

ベネッセMCMは

  • 進研ゼミでおなじみのベネッセグループの企業ブランドを活かし、高待遇の大手介護施設などからの求人が多数ある。
  • ベネッセグループ自体が介護施設を運営しているので、相談するコンサルタントも介護業界に精通している(同じグループだからと言って同グループの施設ばかり紹介されることはない)。
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・大阪・兵庫の大都市圏のみ情報だけなのが残念だが、詳細な転職情報を得ることができる。

という特色があります。

★介護士の非公開求人なら★
ベネッセグループの【ベネッセMCM】

 

当サイトでは数多くの介護転職サイトの中から3つの転職サイトを紹介しました。

もし希望に合いそうなサイトであれば、登録して積極的に転職コンサルタントに相談してみてくださいね。

もしどれにするか迷われているなら、以下のサイトからスマイルサポート介護に登録されるのをおすすめします。

コンサルタントが無料でサポート|スマイルSUPPORT介護

転職活動頑張ってください。

転職コンサルタントさんが転職活動の味方になってくれますよ。