介護転職でステップアップ!待遇は良くなる?資格は?

介護で転職してステップアップって可能なんでしょうか?

できたら、お給料など待遇改善もしたいですよね。

そんな介護転職でのステップアップについて、転職経験者の私が現実的に語っていきます。

介護転職でステップアップできる?

今の施設から別の施設に転職するとき、できたらステップアップしたいですよね。

私も介護業界での転職経験者ですが、うまくステップアップすると給料もあげることが可能です。

ある程度1つの施設で働いて経験を積み、その経験をアピールすると給料は前の給料をベースにしてもらえることも多くあります。

 

法人や介護施設のよって給料体系は異なるのがいいように作用したのか、私の場合は転職時にむしろあげていただきました。

また私の場合は同法人内で異勤すると、むしろ給料が下がるケースもありました。

 

私は同施設内で介護職→施設ケアマネに変わったのですが、給料はトータルでは下がってしまいました。ケアマネの手当などもついたのですが、夜勤をしなくなり給料は下がってしまいました。

それでしばらく頑張ったのですが、いろいろと思うところがあり他の施設にケアマネとして転職しました。そうすると、その転職先の施設では給料が上がりました。

介護現場で夜勤していた時代よりも、多くもらえるようになり「仕事頑張るぞ!」ってなったのを思い出します。

このように転職で給料が上がるケースもあります。転職時にちゃんと相談交渉すれば、少なくとも前の給料をベースで考えてくれる施設も多いです。

もし、そのような交渉に不安があるなら、介護求人サイトに登録してみるのも一つの手です。

求人サイトに登録すると、専門の転職コンサルタントが条件面の交渉もしてくれるし、好条件の求人も探してくれて非常に助かりますよ。

介護の転職サイトでおすすめは?エージェントって利用した方がいいの?

 

また転職するのであれば資格も大事です。

そんなに急いで転職を考えていないなら、資格を取ってから転職した方が転職に有利に働きます。

次からはそんな資格とステップアップについて本音で解説していきます。

ステップアップするなら転職前に介護福祉士を目指してみる

介護福祉士の資格をもっていないなら、介護福祉士を目指してみるのが、介護職としてのステップアップとしてはわかりやすいです。

転職する時にも介護福祉士の資格があれば、有利に働くことが多いです。介護福祉士が一定の人数を満たしていたら、加算といってその施設に介護報酬が上乗せされることがあるからです。

ただ、介護福祉士を働きながらとるのはなかなか大変で、3年の実務経験と介護職員実務者研修を受けてから、ようやく受験資格を得ることができます。

なので今の施設によっぽど不満がないのなら、3年は頑張って在籍してみた方がいいかもしれません。

現実問題、同じ施設にいた方が実務経験の証明書も頼みやすく(辞めたところにお願いするのって勇気がいります)、実務者研修で休む時も人間関係ができているので調整もしてくれやすいですしね。

ケアマネージャー(介護支援専門員)をとって転職してみる

介護福祉士以外でも、認知症ケア専門士、ケアマネージャー(介護支援専門員)、社会福祉主事などが介護職には様々資格があります。でも、現実的に仕事の幅を大きく広げやすい資格はケアマネージャーです。

認知症ケア専門士も社会福祉主事も転職時にアピールはできる資格ではあるんですが、現実はプラスアルファ程度の評価が多いです。

 

相談員としての転職を考えているのであれば、社会福祉主事は確かにアピールできますが、相談員自体の求人が少なかったり、あっても経験者募集になっている場合が多いです。

相談員はその施設に属していた職員が異勤してなるケースが多いからだと思います。

 

ケアマネは相談員と違って、未経験の採用も比較的多いです。一からケアマネを育ててくれる事業者も多くあるので、もし資格をとり仕事の幅を広げたいのなら、ケアマネをオススメします。

ケアマネである程度、家族や利用者との相談業務や事務作業をこなせるようになると、相談員業務も応用できますしね。なので、将来的な相談員業務へ移行もやりやすくなります(違うといえば全然違う業務なんですが)。

例えば、介護職員→施設ケアマネ→相談員→施設長(管理者)なんて流れも可能です。

ただ、ケアマネの試験を受けるには、介護福祉士など前提となる資格を持ったうえで5年の職務経験が必要で、先が長いのは長いです。

しかし、介護福祉士などを持ちつつ5年働いていて、もっと仕事の幅を広げたいと考えているなら、ケアマネは本当にオススメの資格です。

転職するくらいなら看護師を目指してみる

ステップアップとして看護師を目指す介護職員も多いです。ただ、看護師は上に紹介した介護福祉士やケアマネと違って、働きながら取得することは難しい資格です。

看護師は看護学校に行って資格を取るのが一般的だからです。そのうえ看護学校を卒業するために長期の実習もあったりするので、継続してバイトをするのも大変だったりします。

もちろん努力の結果、看護師になることができたら、介護職員よりもお給料が高い場合が多いです。施設看護師で例を出すと、看護師は日勤のみなのに夜勤している介護職員と給料は同額以上なんてケースも多く聞きます。

介護職員はやっぱりできることも限られているので、もっと利用者さんを助けてあげたいと看護師になろうとする介護職員も多くいます。

もし看護学校に行ける期間のお金(3年である場合が多い)が工面できるなら、目指してみてもいいでしょう。

まとめ

介護職が転職するときのステップアップと資格について解説しました。

この記事が転職をするときの参考になれば幸いです。

もし転職を考えられているなら、介護の転職サイト(エージェント)に登録することをおすすめします。

無料で登録できますし、登録すると専門のコンサルタントが転職に関する様々な相談にのってくれます。

少しでも転職サイト(エージェント)を検討してみようと思うなら、下の記事をお読みくださいね。

介護の転職サイトでおすすめは?エージェントって利用した方がいいの?