警備会社から介護職(特養)への転職体験談。他業種からの転職の注意点は?

今回転職体験談を教えてくれたのは、Sさん男性の方(26歳の時に転職)です。

介護以外の他の業界(警備会社)から特養に転職された体験を教えていただきました。

以下からが転職体験談になるのでお読みくださいね。

他業種から介護業界へ転職。高齢化社会で可能性を感じて

以前は警備会社(大手)に勤めていて、このまま警備会社で警備員を続けていても警備員のままであり、将来を考え多少なりとも私はこのままでいいのかと考えるようになっていました。

その時に高齢化社会というニュースをみて、これだと思い、高齢化社会に備えて介護の仕事に就くことが出来れば今後の選択肢が増えると考えました。

タイミングが良かったのか、たまたま知人の経営者にこれからは介護業界の幅が広がり、色々なことが出来るよと話されたことも重なり、介護業界への転職を決意しました。

他業種から来ると介護施設のイメージがつかみにくかった

ハローワークでの介護施設への求人は多かったのですが、国家資格である介護福祉士の保持者ではないと正社員になれないといった施設もあり、給与面も考え苦労しました。

また未経験のため、介護業界について無知な部分が多く、特養、デイサービスなど、どういった仕事内容か分からず、色々と調べましたがイメージが湧かず、施設見学に行きました。

私は4つの施設を見学しましたが、入社前提での見学扱いをされ、断りにくい施設もありました。

介護の仕事をして良かったと思っている

現在は特別養護老人ホームに勤めて4年目ですが、建物も綺麗であり、入居者様、職員の雰囲気も良く、入社して良かったと感じています。

また楽しいという表現が適切か分かりませんが、楽しく仕事させてもらっております。

本当は辛いはずの入居者様のお手伝いをさせていただき、ありがとうと笑顔で言われるとこの仕事やって良かったなと思える瞬間です。

この仕事は私の天職だと思っています。

介護初任者研修を受講した際に講師の方から介護の仕事をしたら、辞めれなくなるよ。と話を受けたことがありますが、その通りだと感じています。

転職活動での反省点。契約社員であるので…

施設見学をした際に現在働いている施設とは違う施設で30分ほど、お話しさせていただいた、入居者様がおりました。

その方にまた来ますね。と言ってお別れしましたが、違う施設に入社し、もう会うことはないことが心残りで、そんな期待させるようなことを言ってはならなかったと反省しております。

また現在の施設では介護福祉士の資格がないと正社員になれず、契約社員なので、ローン等を組む際に支障が出るかと思われ、その点も考えれば良かったと思っております。

まとめ

警備会社という介護業界以外から特養に転職されたSさんの転職体験談でした。

Sさんはこのまま警備会社でいてもずっと警備員のままで将来に不安を感じて転職されたそうです。

特養に転職されてからは、楽しく仕事をされていて『天職』と思われていて、充実して働かれています。

これからも引き続き社会の需要が高い仕事なので、今後も介護業界で活躍されるでしょう。

Sさんはこのように活躍されているのですが、Sさんの体験談から学べる部分もあります。

他業種からの転職ではイメージがつかみにくい

Sさんも書かれていましたが、介護業界は他業界から見るとサービスがわかりにくい部分があるようです。

介護とひとくくりにされますが、実際のところ介護サービスの種類は様々です。

例えば、

  • 高齢者の方に通っていただくデイサービス
  • 生活の場である入所型施設である特養
  • 同じ入所型施設でも自宅復帰を目指す老健
  • 一時的なお泊りサービスを行うショートステイ

などなどと多くのサービスがあります。

このように様々な種類のサービスがあるので、わかりにくくなっているのだと思います。

介護の転職でデイサービスは?入所型施設と比べながら解説するよ!

特養の仕事はきつい?転職で働くメリットやデメリットを解説します!

介護士の転職で老健ってどうなの?特徴や向いてる人を解説するよ!

ショートステイに転職って大変?仕事が楽?仕事内容などを知りたい!

詳しくは上記を参照して欲しいのですが、介護サービスといっても、各サービスで異なることを行っています。

デイに合わなくても、特養に合う人もいれば、その逆もあります。

もし他業種から介護業界に転職するのであれば、このようにサービスのことを1つ1つ理解しておいた方が、転職結果を不満に思いにくいでしょう。

 

なかなかイメージするのは大変なので、Sさんみたいに見学に行ってみるのがいいかと思います。

ただ、Sさんも体験談に書かれていましたが、多くの介護事業所は人手不足なので、入社前提での見学扱いをされる可能性があるので注意してください。

もちろん見学したところが良い施設であれば、入社前提でも問題のないかもしれません。

しかし、慢性的な人手不足になっている施設はどこか問題があることも多いです。

見学に行くのであれば社員になってほしいということを言われる可能性があることを考えて行きましょう。

心づもりしていなかったら、ずるずると流されかねません。

転職先を決めるのは冷静に判断した方がいいので、あらかじめ勧誘されると覚悟しておきましょう。

介護福祉士の資格がないと正社員でない?

またSさんがお勤めの施設は、介護福祉士の資格がないと正社員と認めてくれないようです。

しかし、他の施設では無資格でも正社員として認めてくれる場合も多くあります。

他業種から介護業界に転職される場合、無資格である場合が多いでしょう。

なので、この点も考えられて、転職されても良かったかもしれません。

上にも書きましたが、多くの介護施設で人が足りていない状況なので、無資格でも正社員としてあつかってくれる場合もあります。

実際私がいた施設でも、介護の仕事経験がなく無資格でしたが、正社員として働いている職員もいました。

そしてSさんは介護初任者研修も持たれているようなので、今の状況であれば正社員で働くことができる施設もさらに増えていると思います。

Sさんは現状の施設で不満は感じていないようですが、もしこの体験談を読まれている方でSさんと同じような境遇の場合は転職を検討してみてもいいかと思います。

介護職でも転職の回数が多いと不利?苦戦する?やり方次第でどうにでもなるよ