介護の仕事が楽しくない!やってられない!そんな思いを解説するよ

介護の仕事が楽しくない!介護職なんてやってられない!

正直な話、そのように思うことも多いと思います。

私も介護職として7年以上働いているので、よくわかります。

そんな介護の仕事が楽しくないのでやってれないと思うことを紹介していきます。

あなたにもいろいろ当てはまるケースもあるかもしれませんね。

介護の仕事が楽しくないのは、給料と仕事内容が見合わないから

やっぱり仕事を楽しくというか充実していくためには給料って大事です。

ただ介護職は仕事内容がキツイわりには、給料が安いことも多いです。

手取りが20万円満たないなんて普通で、施設によっては15~16万に達しないこともよく聞きます。

実際私の初任給の手取りは、15万円代だったと思います。

同じように介護施設に就職した友人から聞くと、「15万円代だったらマシだよ」って言われたこともあります。

いったい友人の給料はいいくらだったんでしょう。

 

またサービス残業が普通になっている施設も多いです。

少しくらいならわからなくもないのですが、多くの職員が毎日残業しているのに改善もせず残業代を出さない施設も結構あります。

お給料が安いことから仕事にやる気がなくなり、楽しくないとなっている人も多いです。

利用者さんと接するのが大変すぎて介護の仕事が楽しくない

この介護業界にはおじいちゃんやおばあちゃんが好きで介護職として働こうと思った人も多いと思います。

ただ現実的には認知症という不治の病にかかった利用者さん寝たきりの利用者さんも多くいます。

重度に認知症の利用者さんの介護は本当に大変で危険です。

利用者さんがつねってくるのは当たり前だし、暴力をふるわれて怪我してしまった同僚もいます(肋骨にヒビが入ったと言ってました)。

他には便で遊ぶ利用者さんもいたり・・・。

自分のADLがわからず立ち上がるのを支えようとしたら、つねられたり・・・。

正直何とも言えない気分になりますが、どうにもできません。

 

また寝たきりの利用者さんに対しては、どうしても流れ作業的になってしまいます。

体力的にも時間的にも人員的にもきついので、流れ作業的に単調な作業になってしまいがちです。

もう少し人員を増やしたらどうにか個別の対応できるのかもしれませんが、一向に増える気配もありません。

これでは介護の仕事が楽しくないと思うようになっても当たり前です。

理想と現実のギャップがあって楽しくない!

介護の本を見たり、介護の養成学校などで学んできたりしてきた内容と現場は異なることが多いです。

そんな理想と現実のギャップから楽しくないと思ってしまいます。

「こんなふうにこの本には書いてあるのに」、「こんなふうに教えてもらったのに」なんて正直思いますが、そんなこと表立って言えません。

「今は人がいないので仕方がない」と他の職員も現状に満足していないのなら、まだわかりますが、「介護の本と現実は違う」と堂々と開き直ったりもします。

当然、少しずつ改善していこうという姿勢も見られません。

宿直や夜勤が大変だから介護職なんかやってられない

施設介護職員をしていると宿直や夜勤もする必要があります。

夜勤が非常に大変なので、楽しくないと思っている介護職員も多いです。

また人員が少ない施設だと、そんな大変な夜勤に入る回数も増えてしまいます。

そんな夜勤回数が多いことも不満になってしまってます。

 

夜勤の何が大変かというと、夜勤になると職員の数も少なくなります。

利用者さんも寝るので職員が少なくても大丈夫と思いきや、寝ない利用者さんもいます。

認知症で転倒の恐れがある利用者さんが寝ないと本当に大変です。

またナースコールで夜中も度々呼ばれる利用者さんもいたりします。

他の利用者さんの対応していて、ちょっとだけ行くのが遅れると転倒していたり・・・。

 

また日中は看護師さんなどの医療スタッフがいても、夜間は介護職員だけという施設も多いです。

夜間帯に何かあったときは基本的に介護職員だけで対応する必要があり、そのことが気が重い介護職も多くいます。

そんな負担が重く夜間帯ずっと拘束されるわりには、夜勤手当も1回5千円に満たない施設も多いので、モチベーションも保ちにくいです。

介護職は休みがとれないので楽しくない

休みがあまりとれないので、介護職が楽しくないと思っている人もいます。

確かに月に8~9回くらいの休みはあります。(施設によって異なります)。

でも、世間がGWだ、お盆だ、年末年始だという感じで浮かれていても介護職には関係ないです。そして、祝日の代休がない施設がほとんどです。

大型連休のときにテレビの報道などが浮かれているのを見て、「われわれには関係ないことだな」なんて思うのは介護職あるあるです。

また私は毎朝テレビやラジオでニュースとかも確認したい人なんですが、日曜の朝は全くニュース番組をしていないことも多いです。

日曜だって働いている人がいるのだから、「公共の電波なら朝のニュースくらいしてくれ」と思います。

そんな周りの休みの状況とのギャップが積み重なって、介護の仕事は楽しくないって思う人も多いです。

人間関係が嫌で介護の仕事が楽しくない

人間関係が嫌で楽しくないと思っている介護職員さんも多いです。

派閥があったり、上司が尊敬できなかったりして嫌になるようです。

職員の陰口が常態化している困った施設もあります。

介護職は精神的にも肉体的にもキツイ職業で、日々の仕事がキツイと、どうしても人間関係に影響はでるようです。

そんな人間関係が良くない職員達と休憩時間が一緒になったりすると、息がつまってしまいます。

施設という閉じられた空間で人間関係が悪いと、仕事が楽しくないと思って当然です。

同じ施設職員の対応が不満で介護職なんてやってられない!

介護職をやっていると、同じ施設職員の対応にがまんできないこともあります。

そうなると楽しくなくて、やってられなくなります。

例えば、「上司や同僚職員が楽しようとして働かないので嫌になる」なんて、いろんな介護施設で耳にします。

 

私の上司がそんな感じでした。

日勤にそんな職員がいると大変になるのですが、夜勤だとより大変でした。

私の施設は夜勤が2人体制だったのですが、そんな上司と一緒になると本当に最悪でした。

ほぼ一人でおむつ交換をしたり、巡視も一人でしたり、「いったい何をやっているんだ!」と本当に憤ったことがあります。

私はおくびょうものなので、結局ちゃんと言えませんでしたが・・・。

まあ・・・、なかなか言えないですよね。

そんな上司と働きたくないからというのも、私が転職した大きな理由になりました。

転職した先の上司は立派な職員さんだったので、上司や同僚で全然働きやすさが異なるんだと実感しました。

転職先は、夏季休暇や年末年始休の制度もありましたしね(施設職員で年末年始は休めなくても、交代で正月以外に年末年始休をとっていました)。

最後に

介護の仕事が楽しくなくて、介護職なんかやってられないと思うことをまとめてみました。

この中であなたと同じようなことはあったでしょうか。

もし施設での働き方を改善していいきたいなら下の記事が参考になると思います。

介護職員が辞めていく・・・。その原因と対策を解説します!

介護職の人間関係を改善するには?施設職員ケアマネ経験者が考えた!

ただ、先ほど少し書きましたが、「介護の仕事が楽しくない」という思いも本当に施設が変われば無くなる可能性があります。

なので、もし今の施設が不満でしたら、転職を検討してみるのも一つの手ですよ。

転職されるのであれば、転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトに登録すると、専門のコンサルタントに様々な転職の相談もできます。

コンサルタントがあなたの条件にあった事業所も探してくれますしね。

転職サイトに少しでも興味を持ったなら、メリットデメリットを詳しく解説しているので下の記事を参考にしてください。

介護の転職サイトでおすすめは?エージェントって利用した方がいいの?