老健から急性期総合病院への介護職の転職体験談。やりがいを感じらなかったため夫の転勤で決意する。

老健から総合病院

今回、転職体験談を書いてくれたのは、Kさんです。

女性介護士で28歳の時に転職活動されました。

老健から急性期総合病院への転職体験談です。

以下からが転職体験談になるので、お読みくださいね。

老健は給料が安く仕事にやりがいを感じられず、主人の転勤をきっかけに転職

転職前の老健は給料が安かったのと、日々ルーチン化されている仕事にやりがいを感じられなくなっていたこと、夜勤が多いシフトをこなすのが大変で心身ともに疲れてしまって悩んでいました。

そこへ主人の転勤の話が来たため、転勤先の居住地の職場へ転職することになりました。

家から近いところにある総合病院で求人募集があり、少し不安もありましたが20代のうちに勉強したり資格を取りたいと思い急性期病棟での介護士として働くことにしました。

ハローワークで求人を見ても詳しい情報がわからなかった

老健では慢性期の入居者さんへの対応をしていたので、初めは慢性期の職場を探していました。

しかし、ハローワークなどの求人を見ても、そこがどんな入居者さんがいるのか一目では分からないので、求人の施設名をメモして、そこの施設にはどんな入居者さんがいるのかネットで検索してという作業をひたすら続けるのが大変だと感じました。

結局は家からすぐ行ける距離の総合病院にしましたが、それも初めは急性期とは思っていませんでした。

総合病院ではやりがいを感じ、周りの介護士さんから刺激も受けている

総合病院で急性期のチーム医療を支えるひとつの重要な仕事だと感じています。

医師などと違い華やかな仕事ではありませんが、忙しい医療者さんよりも患者さんと触れ合う時間も長く感謝される機会も多いので以前の仕事と比べてとてもやりがいを感じています。

勉強しないと、自分の知識不足が患者さんの命に直接関わるので、こわいなと思うことも多々あり、勉強勉強の日々を送っています。

周りの介護士さんもとても勉強していて知識もたくさんあり刺激を受けています。

転職活動では履歴署の書き方や面接の仕方などが戸惑った

ハローワークで介護の求人を探すことが多かったのですが、施設が慢性期なのか療養型なのか急性期なのかなど分かりにくかったため、ひとつひとつ調べるのに時間がかかりました。

わざわざハローワークまで行かなくても、手軽なネットの求人サイトを利用すれば良かったなと思っています。

履歴書の書き方や面接の仕方など数年ぶりだったので直前になって一から勉強をし直したので大変でした。

ゆとりを持って対策をしておけば良かったと思いました。

まとめ。老健から総合病院への転職体験談

以上が老健から総合病院へ転職した、Kさんの転職体験談でした。

老健では給料が安く日々の仕事もルーチン作業でやりがいも感じられないうえに、夜勤も多く体力的に大変で悩まれていたようです。

それで夫の転勤をきっかけに総合病院(急性期)に転職されました。

急性期の総合病院では、日々やりがいを感じて仕事をされているようです。

老健もさまざま

Kさんが前職で勤められていた老健は日々の仕事がルーチン化されていてやりがいを感じられなかったようです。

ただ、これも老健によると思います。

老健は基本的には在宅復帰を目指す施設なので、他の医療職と連携をとりながら利用者さんのADLなどを観察しつつ介助していくようになります。

なので各利用者さんに応じた様々な関りが必要になります。

しかし、老健によっては、在宅復帰が名目のみで長期利用されている利用者さんばかりの老健もあります。

Kさんはルーチンワークにように感じられていたので、Kさんが所属していた老健はそんな老健だったのかもしれません。

施設はこのように、施設の種類だけではわからないことが多いのも、転職活動では注意された方がいいでしょう。

Kさんもそのことがわかっていたからなのか、転職活動ではその施設にどんな利用者さんがいるか調べつつ活動されていたようです。

ハローワークで求人を見てもよくわからない

Kさんはハローワークで求人を探されたようですが、ハローワークでは実際のところはよくわからずネット等で調べられたようです。

でもネットの情報を見てもよくわからないことも多くあったであろうと思います。

このように、求人をハローワークで見ても、決め手がよくわからないことも多くあります。

介護職が転職するときの決め手を解説!数多くのポイントを紹介します!

いい求人を探していたけれど、気が付くと求人を探すだけで何日も経っていたなんてことも多々あります。

私(当サイト管理者)もハローワークも使って転職活動しましたが、実際の介護施設の中身がわからず、応募に踏み出す勇気がなかなかしぼりだせなかったのを思いだします。

このように転職活動は、意外と求人を探すだけで、時間が経ってしまうことが多くあります。

転職が決まるまで、

  1. 求人を探す
  2. 応募する
  3. 面接する
  4. 合否が伝えられる

というステップを踏むので、のんびり転職活動していたら1か月くらいあっという間に経ってしまいます。

転職活動は計画的に行う必要があることがわかります。

履歴署の書き方や面接のやり方がわからなかった

またKさんは履歴書の書き方や面接のやり方がわからず大変だったようです。

久しぶりに転職活動すると、わからなくて当たり前ですよね。

転職するためには、書類作成や面接はつきものです。

こういったことを調べるのも意外と時間がかかるものです。

慣れていないので履歴書を書くだけで疲れますしね。

 

なので、Kさんも体験談に書かれていますが、Kさんは介護の転職サイト(エージェント)に登録しても良かったかもしれません。

転職サイトには無料で登録できますし、登録すると専門のコンサルタントが転職活動の様々な相談にのってくれます。

面接のやり方や履歴書の書き方なども相談にのってくれていたでしょう。

また、Kさんは夫の転勤先での転職活動になったので、土地勘もないためよけいにわからず大変だったと思います。

転職サイトに登録すると、コンサルタントが転職希望者の条件に応じた転職先の施設を探してくれます。

そして、コンサルタントはその施設の様々な情報を知っている場合も多くあります。

Kさんが時間をかけて調べた内容も、コンサルタントに聞けばあっという間に教えてくれたかもしれません。

もし転職サイト(エージェント)を少しでも検討しようと思ったなら、下記の記事をお読みくださいね。

介護の転職サイトでおすすめは?エージェントって利用した方がいいの?