介護職の職場恋愛ってどうなの?経験者の私が本音で語ります!

介護職って職場恋愛で結婚したって話を時々聞きます。

実は私も同じ施設の職員さんと職場恋愛して結婚しました。

そんな介護職の職場恋愛経験者の私が本音でいろいろ解説していきます。

介護職の職場恋愛は多いです!なぜなの?

変則勤務も多くて出会いが少ないから

介護職は変則勤務の場合も多いので、仕事以外の活動をやりにくくなかなか出会いの場が作りにくい部分もあります。

また肉体も精神もハードなことが要求される仕事なので、休みの日はグッタリと家にこもって疲労回復している介護職員さんも少なくありません。

家にこもっていると出会いはありません。

でも、結婚していない男と女です。恋愛したい気持ちは当然あるもんです。

異性を求めるのは本能なので仕方がないですよね。

そうすると職場以外で恋愛ができにくい状況なら、職場で恋愛するようになるのは当たり前です。

仕事上で一緒に行動することで自然とスキンシップがはかれるから

介護職はチームで動く必要がある職業です。

例えば、入浴介助時は連携を図りながら行わないと、利用者さんを全て入浴させてあげることができません。

その他でも一緒に連携をしながら動く必要があるので、会話をしたり一緒に移乗したりと自然とスキンシップをはかっていきます。

 

また夜勤の時などスタッフが少ない時には、やっぱり自然に会話をしてしまいます。

夜勤時に一人で黙々(もくもく)と作業しても、お互いやりにくいですしね。

時間も長いので、趣味や興味のあることももちろん、真面目な介護観についてなどについて語り合ったりして、お互いの人となりがわかってきます。

そうすると恋愛に発展してもおかしくないですよね。

介護現場では男女間で仕事の相談すると恋愛関係に発展しやすい

女性も男性も多い職場でしたら、男女間の仕事の相談も普通のことなので、恋愛関係には発展しにくいかもしれません。

しかし、多くの介護施設は女性の数が圧倒的に多いです。

女性同士の相談の場合は慣れたものかもしれませんが、男性相手だと少し勝手が違って思う場合があるようです。

男性という異質なものがいるとドギマギしてしまうのは、人間として仕方がない部分があります。

厳しいおばちゃん職員も男性職員にだけは優しいなんていうのも、介護職あるあるではないでしょうか(笑)

その上、お互い仕事上で尊敬できるような関係であれば、仕事上の尊敬が恋愛に変わってしまうことは当たり前のことでしょう。

また、介護職は先輩が後輩職員をマンツーマンで指導相談することも多いです(特に新人のうちは)。

そんなふうに密に相談していくと、自然と恋愛感情も芽生えるみたいですよ。

介護職の職場恋愛ではいいこともある

介護職同士の職場恋愛ではいいこともあります。

お互いの仕事内容をわかっている

介護職はいわゆる普通の事務仕事とは違い、特殊な仕事とも言えます。

精神的にも肉体的にも辛い仕事です。

そんな仕事をお互いがわかっていることは、大きなメリットになります。

特に職場恋愛なので、職場の利用者さんや他の職員さんの状況もよくわかってます。

なので、お互いグチもこぼせるし、励ましあいもできます。

また職場の状況がよくわかっているので、利用者さんが急変したりしてなかなか帰れなくてドタキャンになった場合も納得してくれやすいです。

勤務の都合がつけやすい

上記したように介護職が恋愛しにくいのは、変則勤務だからとお伝えしました。

土日休みではない変則勤務で職場が別々だと、お互いの希望の休みを合わせるのが大変です。

でも、これも職場恋愛だったら、逆に合わせやすいです。

お互い職場の状況もわかっているので、「この日はイベントがあるから休みをやめておこう」など休みを合わせたりしやすいです。

また他の職員さんの都合などで勤務変更があったときも、お互い状況がわかっているので納得もしやすいです。

職場が違うと「何で休みなのに変更したの?」なんて、よくある恋人同士のトラブルに発展しがちですよね。

また、お互い休みを合わせると、夜勤が一緒になったりしたりすることあります(夜勤明けの次の日を休みに設定している介護施設も多いです)。

気が重い夜勤も恋人と一緒だったら楽しいかもしれませんね(笑)

まあ、夜勤を一緒にしてくれるのは職場恋愛がばれていない間だけかもしれませんが。

同じ介護現場で一緒に働ける

介護職はどうしても精神的に辛い仕事です。

日によっては職場に行くのが嫌な日もあると思います。

しかし、職場に恋人がいたら話は別です。

不思議なもので恋人がいると嫌な職場も楽しく思えてきます。

本当に重度の認知症の利用者さんの対応は大変で、介護職員の気持ちも病みがちですが、恋人が一緒にいると「まあ、いいか」って思えたりもします。

施設で働きながらも、何気ないタイミングで恋人と笑顔の交換をするのは、最高の癒しになりますよ。

将来結婚を考えたときに男性はイクメンを期待できる

介護施設で働いていると日常的なお世話をするので、結果プライベートでも家事などもこなそうとする家庭的な職員も多いようです。

男性職員にも同じような傾向があるようで、結婚した後にいわゆるイクメンになってくれる場合も多いようです。

ただ、これは人それぞれで異なるので、一緒に付き合っているときにあまり家事参加をしてくれないのであれば、結婚してからも期待できないと考えましょう。

しかし、普段から利用者さんの家事的な援助も行ったりしているので、他の職業よりはイクメンになる芽はあるとはいえます。

結婚してイクメンになるかどうかは、恋愛時の持っていき方次第かもしれませんね(笑)

介護職の職場恋愛には気を付けることもあります

介護職の職場恋愛には気を付けるポイントもあります。

ケンカしたとき気まずい

やっぱり職場恋愛なので、ケンカしたときはかなり気まずいです(笑)

特に介護職はチームで動く職業なので、ケンカしていても連携をはかる必要があります。

気まずいながらも連携しないと業務が進んでいかないので、黙々と作業することになります。

この何ともいえない空気につつまれた状況で働く他の同僚職員さんが最も不幸かもしれません(笑)

また別れてしまった時は本当に気まずくなるケースが多く、どちらかが辞めてしまう場合も結構あるようです。

なかなか難しいですが、別れるときはサッパリと別れるようにしましょうね。

おばちゃん職員がうっとおしい(笑)

おばちゃん職員はうわさ話などが大好きな人も多いです。

例え、職場恋愛を隠していても、周りからするとバレバレなんてことも多いので、おばちゃん職員の間でうわさが飛び交うことは覚悟しましょう(笑)

職場恋愛を隠していても、お互いがそろうと自然にウキウキしているので、わりあいバレているケースが多いみたいです。

おばちゃん職員をなめたらダメですよ(笑)

どうぜバレているのだからと、大っぴらにしてもしまっても、今度は色々質問されるだけです。

うっとおしいですが、仕方がないですね。

職場恋愛を禁止にしている施設もある

なかには職場恋愛を禁止にしている介護施設もあるようです。

職場恋愛したら異動になってしまったなんてケースもあるようで・・・。

まあ、周りの職員からすると働きにくいかもしれませんが、「禁止にしなくても・・・」って思うのは私だけでしょうか。

職場恋愛が禁止な場合は、一緒の勤務になってもウキウキせずに黙々と働く必要があるでしょう。

将来的な結婚を考えると収入が低い

介護職は給料が低いので、将来的に結婚を考えた場合はやりくりが大変になることは覚悟した方がいいでしょう。

なので、介護職が結婚した場合は、夫婦で共働きというケースも多いです。

しかし、共働きは恋人時代から同じではあるので、結婚してからも同じ状況が続くだけと考えればいいだけです。

子供が生まれるタイミングなどで困るかもしれませんが、何とかなることも多いです。

実際私も何とかなりました。

結婚を前提にして考えるときは、夫婦の節約の知恵を恋人時代から考えておくといいかもしれません。

まとめ

介護職の職場恋愛について解説してきました。

最後に将来的に結婚したときのことに触れましたが、職場で夫婦だと職場恋愛と違って本当に同じ職場に居づらくなる場合もありうるので、それらも考えておいた方がいいでしょう。

施設によっては全く問題なく夫婦でも同じ施設におれる場合もあると思うので、施設の状況も含めて考えておきましょう。

実際私が転職したのは職場恋愛で結婚して、パートナーと同じ職場だったからというのも大きな理由でしたよ。

もし転職を検討しているなら、転職サイトに登録することをおすすめします。

無料で登録できますし、登録すると専門のコンサルタントが転職の様々な相談にものってくれます。

あなたの希望に応じた事業所もコンサルタントが探してくれますよ。

もし少しでも転職サイトに興味を持ったなら、下記の記事をお読みくださいね。

転職サイトのメリットやデメリットも記載してますよ。

介護の転職サイトでおすすめは?エージェントって利用した方がいいの?