介護業界の転職するときの面接試験の質問って?経験者が詳しく解説します!

介護職も転職する時、面接試験はどこの施設でもあります。

そこで気になるのが面接時の質問の種類と受け答えだと思います。

そこで介護業界で転職するときの面接試験の質問について解説していきます。

退職理由は聞かれます!「前の施設を辞めた(辞めようと考えている)理由は何ですか?」

退職した(する)理由はほぼ全ての面接試験で聞かれると思った方がいいでしょう。

施設からしたら退職時にトラブルを抱えている職員は雇いたくないもんです(介護業界って横のつながりも大事にします)。

また、就職してからすぐに施設を辞められたらたまらないので、同じような理由で辞める可能性がないかを探っています。

なので、下の退職理由はすぐに辞めてしまうと思われ、NGになるので注意してください。

  • 「がんばりを評価してくれないブラック」など前職の不満を言う。
  • 「人間関係が嫌になって疲れた」「上司との関係に疲れた」などの人間関係系の理由を言う

上のようなネガティブな理由が本音だったとしても、ネガティブな内容のままで言わない方がいいです。

志望動機だけではないですが、面接試験では、

  • ネガティブ→ポジティブ
  • 過去にとらわれている→未来志向

な感じで言い換えることが大事です。

例えば、

  • 自分のがんばりを認めてくれる施設で働きたい
  • 新しい人間関係を構築して、より自分の幅を持たせたい

のような感じで面接で伝えられると、面接官からの印象はいい感じにうつります。

また、他にも転職をこころざすポジティブな理由もあると思うので(「スキルアップしたい」「〇〇なことを学びたい」)、それらを混ぜながら伝えていくとよりいいでしょう。

そして、引越しや施設閉鎖などやむえない理由があるなら、それらはネガティブな内容でも問題ないので伝えていくとより面接官の納得感が増しますよ。

志望動機も聞かれます!「当施設を志望した理由は何ですか?」

志望動機もほぼ聞かれると思った方がいいです。

雇う側の介護事業者も意欲を確認したいからです。

意欲を見ているので、「うちを希望するくらいなので、うちのことをどれだけ知っているか?」という部分も見ています。

なので、ホームページや募集要項をしっかり見て、下調べできることはしておいた方がいいです。

その事業所の理念やその事業所の関連の事業所のことを含めて確認して、そこで働きたい理由を話すようにしましょう。

もし事業所のことがホームページなどを見てよくわからなければ、その施設の種類での特徴を志望動機に入れこんでもいいでしょう。

例えば、老健ならリハビリ、特養なら看取りや生活に密着していくこと、グループホームなら認知症などなど各施設の種類ごとの特徴があるはずです。

それらを志望動機に入れていくと、いい感じの志望動機になりますよ。

 

また、くれぐれも正直すぎる回答だけを言うのはやめておいた方がいいです。

「給料がよかった」「休みが多い」「自宅から近い」「ハローワークで良さそうな条件を見つけて」などだけ伝えると自分勝手な都合だけで希望していてるように感じさせ、「どこでも良かったんじゃないの?」と思われてしまいます。

  • 今までの経験(介護未経験の場合は今までの経歴)
  • その事業者に魅力を感じた理由
  • 新しい職場で成長したいこと

をまじえながら伝えると意欲が伝わりやすくなります。

例えば、

私は〇年間特別養護老人ホームで勤務し認知症や身体的にも重度な方の介護をしてきました。介護職としてより成長したいと考えていたところ、御法人の〇〇という理念を目にすることがありました。〇〇という理念からはその理念のもとで働くことで介護職としても、また人としてもより成長できると思い、御法人を志望しました。

私は〇年間グループホームに勤め重度の認知症の方の介護をおこなってきました。グループホームでも様々な経験をいたしましたが、より介護職としてスキルアップしたいと思い、特別養護老人ホームである御施設を志望しました。また、御施設は看取りもしているとうかがっております。利用者様を最後まで看取る経験をすることでより成長できると感じ志望しました。

私は〇年間有料老人ホームで身体的にも精神的にも重度な方の介護を行ってきました。今まで施設で勤めて様々な経験を積んできましたが、利用者様のためにもう少しリハビリなど医療の知識をつけたいと考えました。御施設は〇〇病院と連携をはかりながらリハビリに意欲的に取り組まれているととうかがっております。御施設で働くことで今までの経験を活かしつつ、私自身もさらなる成長をできると考え御施設を志望しました。

みたいな感じで志望動機を伝えると、より熱意が伝わりやすくなりますよ。

介護未経験の場合は、今までの経歴で介護職として活かせる部分があればアピールするようにしましょう。

例えば、接客業であれば、

私は〇年間〇〇店で働いており、どんなお客様にも笑顔で対応させていただきました。また逆にお客様から「ありがとう」を言われることがあり、やりがいを感じておりました。介護職として働いたことはないですが、以前からより人の役に立つ仕事に就きたいと考えており、御法人を志望しました。介護未経験ではありますが、資格取得も目指していき、接客業で得たどんな場面でも笑顔でコミュニケーションできることを利用者様や家族様の支援に活かしていきたいです。

のような感じですると熱意が伝わりやすいですよ。

変則勤務可能か聞かれる!「遅い時間の勤務や夜勤、残業はできますか?」

介護業界は変則勤務である施設が多いです。

できるなら介護施設は変則勤務が可能な職員を採用したいです。

なので、変則勤務が可能なら「できます」と答えた方が好感触です。

ただ、できないのに「できます」というと、入職してからトラブルになってしまいます。

できないのであれば、できない理由を明確に伝えた方がいいです。

その理由も相手が納得するような理由を伝えましょう。

例えば、「子供が小さく、主人も仕事の都合がつきにくいので遅い時間の勤務は難しい」などの理由であれば、面接先の事業所も納得してくれやすいです。

また無理な場合は無理と伝えることも大事ですが、「夜勤は主人(妻)が休みのときは可能です」など可能な条件を逆に提案することも大事です。

このように逆に提案を受けると、面接先の事業所も「うちで働く意思がある」と好感を持ちやすいです。

変則勤務をする可能性がある場合は面接の前に家族で話し合っておくと、面接時にスムーズに提案もしやすいですよ。

経歴を聞かれる!「今までどんなことをされていましたか?」

面接では経歴も聞かれるます。

経歴を聞く理由はあなたの経験やスキルはどの程度あるのかを聞かれています。

一部、志望動機や転職理由などで伝えているかもしれませんが、面接によってはどんな順番で質問が飛んでくるかわかりません。

また、さらに経歴を掘り下げて聞いてくる場合もあります。

なので経歴を聞かれた場合も、スムーズに答えれるように準備しておきましょう。

ただ、「〇〇施設で〇年間働いていました!」のように簡潔すぎてもあなたのアピールにはならないので、事前に準備してある程度の内容をちゃんと答えれるようにしておきましょう。

  • リーダーや主任などの役職経験があるなら、その経験年数と得たこと
  • 〇〇係などなんらかの役割をしていたらなら、それで得たこと

などの〇〇という経験から得たことやできるようになったこと、スキルが向上したことなどを伝えるといいでしょう。

今までの経歴で得たことを、転職する施設にどう活かすことができるのかを伝えることが大事です。

例えば、下のように回答するといいでしょう。

〇年間有料老人ホームで働き、〇年からはリーダーとしての役割もつとめてきました。リーダーとして働いていないときは正直責任感が薄かったように思います。しかしリーダーとして働くことで、全体のことを見て行動するようになり、介護職だけでなく人間としてより成長できたように思います。このリーダー経験を活かして御施設でも先輩職員と協力しながら貢献していきたいです。

入職してからのことも聞かれる!「どんな業務や仕事をしたいですか?」

面接では入職してから、どんなことがしたいかも聞かれます。

面接がいい感じで進んで、面接官から好印象を持たれている場合に聞かれることも多いです。

「何でもできます、やります」と答えたいところですが、こう答えると深く考えていないと捉えられる可能性があります。

あなたが今までの経験からさらに成長したいこと、その事業者でやりたいことを伝えるといいです。

その介護事業者が求める人材を理解して、それに沿った答えができることがベストです(かなり難しいですが、募集要項から読み取れるのであれば、読み取るようにしましょう)。

また、具体的に何がしたいかを自分の雇うメリットをまぜこみながら伝えるとよりいいでしょう。

私は介護職として〇年の経験がありますが、私が今まで勤めていた施設では〇〇という経験(例えば、看取りなど)はしたことがありませんでした。御施設は〇〇という取り組みを行っていると聞いております。〇〇という経験を積むことで介護職としてより成長していき御施設にも貢献していきたいです。

勤務可能日も聞かれる!「いつから働くことができますか?」

勤務可能日も聞かれることもあります。

この質問は面接官が好印象を持った場合に聞かれることが多いです(全てのケースがそうではありませんが)。

いつから入職できるかを確認している質問なので、早く働くことが可能なら「明日からでも可能です」のように伝えた方が好印象になりやすいです。

もちろん、ある事業所に所属した状態で転職活動をしている場合もあったり、あるいは他の事業所の結果待ちという場合もあるでしょう。

そのようなすぐに働けない場合も「〇月〇日から可能です」とハッキリとした日にちを伝えた方が印象がいいです。

ただ、もし退職願を出していない場合は、そのことを面接先の事業所に伝えた方がトラブルになりにくいです。

各事業所ごとに退職の規定が異なっています。

なので、転職活動に動かれる前に、現在働いている事業所の就業規定を見て退職の手続きの仕方を把握しておいた方がいいでしょう。

ちなみに引継ぎや体制を整える必要もあるので、2か月以上前に退職の連絡をするように定めている事業所が多いですよ。

最後に逆質問も多い!「何か質問などはありますか?」

面接の最後に「何か質問などはありますか?」と逆に質問を求められることがあります。

ここで本当に何もない場合も「特にありません」とだけ言ってしまうと、やる気がないと思われてしまう可能性があります。

なので、

  • 「面接中に丁寧に教えていただきました」
  • 「充分に納得することができました」
  • 「面接中に充分質問することができ大丈夫です」

などと答えたらいいでしょう。

ただ、この逆質問は質問することで最後のアピールにもなるので、できるなら質問した方がいいですよ。

例えば次のようなやる気や意欲をアピールできるような質問がいいです。

  • 「より成長したいと考えていますが、施設内研修はどのようなものをされていますか」
  • 「御施設でチャンスをいただくには、介護以外にもどのような分野の勉強や学びをおこなっていけばいいですか」
  • 「資格取得のために勉強しようと思っていますが、資格取得され、がんばられている方はいらっしゃいますか」

などの質問をすると熱意をアピールすることにもなりますよ。

しかし、質問した方がいいからと、給料や休日のことなど条件面のことばかり聞いてしまうと、自分勝手な人だと思われてしまいます。

そして、ちょっと調べたらわかるようなことを質問したり、面接中に解決している内容を再質問するするのは逆効果になるので注意してくださいね。

最後に

介護職の面接でどんなことを聞かれるか解説してきました。

他の質問も聞かれることもあると思いますが、できる限り冷静に誠実に答えたらいいだけです。

例えば、回答した内容から「より具体的なエピソードがあれば教えてください」的な質問も受けたりすることがあるでしょう。

また、あらかじめ想定していた内容を答えることをできればいいのですが、緊張してしまうのでちゃんと答えれないときもあると思います。

そんな場合も誠実に前向きな姿勢で、自分なりに答えることができたら、大丈夫な場合も多いです。

 

面接試験はやる気も見ているのですが、ちゃんと話ができるかどうかも見ています。

想定してない質問が来ても、誠実に答えることができただけで正解ともいえます。

そして、ある質問の答えが失敗したとしても、面接内で挽回(ばんかい)するチャンスはいくらでもあります。

私自身、圧迫面接のような面接をうけて、面接後ボロボロになったことがありますが、採用になりました。

面接中に失敗しても、あきらめないようにしてくださいね。

一度の面接で失敗しても、その経験を次の面接に活かせばいいだけですよ。

 

また転職のことが少しでも不安であるなら、転職サイトに登録することをおすすめします。

無料で登録できますし、登録すると専門のコンサルタントが様々な転職に関する相談にのってくれます。

面接のことや履歴書のことも相談できるでしょう。

あなたの希望の条件にあった介護施設も紹介してくれます。

もし転職サイトに少しでも興味を持ったなら、下記の記事をお読みくださいね。

介護の転職サイトでおすすめは?エージェントって利用した方がいいの?