介護職員が休憩時間がないのって普通?労働基準法的にはどうなの?

休憩時間がまともにない!

こんなことを、いろんな介護職員からよく聞きます。

休憩時間は労働基準法でも定められていますが、実態はどうなんでしょうか?

拘束時間が長い夜勤でも休憩時間なんてとれないって声も聞きます。

そこで介護職員が休憩がない現実はどうなのか解説していきます。

介護職員って休憩時間がない?

介護職員が休憩がないかどうかは、施設によって異なります。

就職時の面接のときに1時間と聞いていてその通りとれる施設もあれば、1時間あるのはあるけど名ばかりという施設も多いです。

労働基準法ではどうなっているか調べてみると、

労働基準法第34条1項に

  • 労働時間が6時間を超え8時間以下の場合は少なくとも45分
  • 8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩

を与えなければならないと定められていました。

また同じ労働基準法第34条3項に

  • 使用者は、休憩時間を自由に利用させなければいけない

と定められています。

後で様々なケースを紹介しますが、厳密にいうとほとんどのケースが労働基準法違反になっています。

そんな様々な休憩時間が取れないケースを次から紹介していきますね。

ながら休憩になっている介護施設も多い

まず介護職員さんからよく聞くのが、休憩時間はあるけど「ながら休憩」になっているというケースです。

例えば、利用者さんの食事介助をしつつ、職員も自分の食事を食べながら休憩時間が過ぎ去っていくというケースはいたるところで聞きます。

そもそも、休憩室がない施設もあったり。

これは、休憩が全く自由になっていないわかりやすい例ですよね。

よく一般企業などで電話当番をしながら休憩するのは休憩にあたらないなんて不満を聞きますが、もっとひどいです。

食事介助は明らかに業務時間ですし、食事介助をするということは見守りも含まれると思うので、自由は本当にないですね。

休憩時間を職員会議などの業務に

変則勤務だと人が集まりにくいからなのか、休憩時間に職員会議をするような事業所もあるようです。

さすがに大々的に職員全体の会議を行うことは少なくても、各委員会や係などの話し合いを休憩時間に行ったことがある介護職員さんも多いのではないでしょうか。

休日の職員もその時間にあわせて来たりとか。

なかなかみんな集まる時間がとれないので職員さん同士で工夫して集まっていると思うのですが、この場合も厳密には休憩時間になっていないでしょう。

私は法律の専門家ではないので、解釈が間違っているかもしれませんが、本来休憩時間に与えられるはずの自由がないのは間違いないですよね。

休憩時間を午後からの仕事の準備にあてる

お昼の休憩時間を午後からの準備にあてている介護事業所もあります。

本来は休憩をとれるはずなのに、休憩をまるまる使えない雰囲気の施設も多いです。

1時間のうち45分は休憩、残り15分は午後からの準備みたいな感じです。

例えば、午後から入浴介助でしたら、入浴される利用者さんの衣服を準備したり。

介護職員が自主的に休憩時間を削る場合も

介護職員自らが自主的に休憩時間を削る場合もあります。

カツカツの仕事になるのが精神的に嫌なので、上のケースと同じように入浴介助の準備をしたり(この場合は自主的ですが)。

また、残業したくないので休憩を削って介護記録を書いている職員もいます。

このような職員は休憩時間ではないですが、出勤前にも自主的に同様の行為を行ったりもします。

実は私がそんな感じで仕事していました。

施設に残って仕事するのが本当に嫌だったので・・・。

ただ、これは残業代がでないからともいえますし、そんなカツカツの状況に追い込まれているからともいえます。

単に忙しすぎるから休憩時間をつぶすしかない

単純に忙しすぎるので、休憩時間をつぶすしかない場合も多いです。

休憩時間をなくして手伝ってあげないと、業務が回らず利用者さんも職員さんもかわいそうなことになるからです。

急変などで一時的にそうなる場合はわからなくもないですが、長期間にわたりこのような状態であると、職員が辛すぎます。

夜勤で休憩なしの場合も結構ある

夜勤で明確な休憩なしの場合も結構な施設であるようです。

特にグループホームなどで一人夜勤をしている場合で休憩なんてとれないなんてケースが多いです。

つまり夜勤なんですが、仮眠もなしということになります。

夜勤時は自分の裁量で休みをとるしかないなんて施設は本当に多いです。

ナースコール待ちをしているのは自由な時間にはあたらないでしょう。

なぜ介護職は休憩時間がない場合が多いの?

このように様々なケースを見てきましたが、なぜ休憩時間がなくなってしまうのでしょう?

考えられる原因として

  • 人手不足
  • 法人の体質
  • リーダーや施設長の問題意識の欠如

 

などがいえるでしょう。

上のケースで職員が自主的にやってしまうケースも紹介しましたが、これは人手不足や法人の問題意識の欠如から生み出されているともいえます。

介護施設で休憩時間がとれないことを改善していくには?

では、どのようにしてこの休憩がとれない状況を改善していけばいいのでしょうか?

考えられるのは

  • 会議等で業務改善の提案をする
  • 労働基準法の違反を労働基準局に訴える

の2択になります。

ただ、労働基準局に訴えて休憩時間が改善されても、職場でのあなたの立場が悪くなる場合が多いです。

もし今の施設に所属したままで変えていきたいなら、現実的には業務改善の提案をしていくしかないでしょう。

 

しかし、一人でそんな提案していくのは大変です。

その休憩時間に対して不満がある職員も多いと思うので、それらの声を集めて会議など提案してみるといいでしょう。

このような業務改善で大事なのは、周りを巻き込んでいくことです。

突然思いついたように会議で提案することはやめておいた方が無難(ぶなん)です。

いくら不満に思っている職員が多くても、事前の相談なく会議などで提案しても、日本人の体質的に賛同してくれないこともありえます。

日本人は人前で意見を表明することが苦手な人が多いので、いい意見だと思っても賛成の意見をだしてくれない場合も考えられます。

まずは休憩時間がとれない不満の声を聞いていき、仲間をつくることから始めるのが良策かと思います。

まとめ

介護職員が休憩時間をとれないことはどうなのかを様々なケースを紹介しながら解説してきました。

もし業務改善をしようするのが難しい場合は、転職も視野に入れられた方がいいかと思います。

最初にお伝えしたように、キッチリ休憩をもらえる介護施設も多くあります。

休憩がキッチリあるかどうか施設によるところが大きいですよ。