介護職は正社員で子育てを両立できる?長年現場にいた私が解説します!

介護職は女の人が多い職場なので、子育てしながら働いている人も多いです。

私も長年介護現場にいて、子育てと介護職を両立している職員さんを多くみてきました。

そこで介護職で正社員やパート勤務で子育てしながら両立していく方法を解説していきます。

介護職は正社員で子育てを両立できる?

介護職が子育てをしながら働く場合は、

  • まったく初めての場合
  • 今まで正社員として働いてきて育休明けで働く場合

の2パターンあると思います。

まずは初めて介護施設で働く場合から見ていきますね。

子育てしながら初めて介護施設で働く場合は?

もしあなたが子育てをしながら、初めて介護施設で働こうとするのなら、パート職員として働きはじめて正社員を目指すという手があります。

多くの介護事業所では、夜勤など様々なシフト勤務をこなせるから正社員とみなす場合も多いです。

なので、介護職の正社員が育休明けで働く場合も、施設によっては正社員ではなくパート職員として変更を求められることがあります。

しかし、人が足りていない介護施設が多いので、ある程度は働き方を融通してくれる事業所も多いです。

なので、あなたの経験にもよりますが、事業所によっては交渉次第で日勤のみの正社員というケースもありえます。

もちろん、「パート勤務で」と言われる場合も多いので、期待しすぎずに交渉してみてくださいね。

育休から復帰して介護職として働く場合は?

育休明けに子育てしながら働く場合もあると思います。

実は私の奥さんも早番(早出)勤務だけで正社員として働いています。

上にも書きましたが、介護施設は夜勤もこなせて正社員と認めれる場合も多いです。

でも私の奥さんの施設は正社員として認めてくれているので、なかなか進んだ施設ともいえます。

確かに、子供を妊娠するまでは夜勤など様々のシフト勤務をこなしてきたから、正社員として認めてくれている部分もあるとは思います。

でも、こういった施設も多くなってきているので、交渉しだいでは育休明けでも正社員として働ける可能性は十分あります。

「育休明けで夜勤できないから正社員ではなくパートに」というのは、今の社会の流れと逆行しているように思います。

なので、自分も迷惑をかけることを考慮しつつ、謙虚に交渉していけば正社員として認めてくれることも増えているので職場と相談交渉してみてくださいね。

 

また、私の奥さんは利用していないですが、今は時短勤務の制度もあります。

短時間勤務制度(時短勤務)は「改正育児・介護休業法」という法律によって定めれています。

1年以上雇用され3歳未満の子供を育てていることが適用される条件となっていて、会社は原則として原則6時間の短時間で勤務ができる制度をつくる必要があります。

介護施設によっては「他の職員の負担が大きい」などとあまり良い反応が返ってこない可能性もありますが、交渉してみる価値はあると思います。

働く時間が少ない分、当然ながら給料も下がるのですが、子育て中の場合は大きな味方になる制度です。

介護職員でも時短勤務で勤めている人も少しずつ増えてきてますよ。

子育てしながらならこの勤務がおすすめ

子育てしながら介護職として働いていくなら、早番(早出)勤務がおすすめです。

もちろんその介護事業所と交渉する必要がありますが、早番(早出)は子育てと両立しやすい勤務です。

上にも書きましたが、私の奥さんの場合は正社員として早番(早出)勤務をしています。

早番(早出)は働く介護施設によって細かい時間は異なるとは思いますが、基本的には朝に行って夕方には終わる勤務になっています。

この勤務なら帰ってからの家事もやりやすいですし、子供との時間もとれます。

ただ、朝の保育園の送迎が難しくなるかもしれないので、朝の送迎は旦那さんなど他の家族にお願いしましょう。

また保育園は土曜日は限定的な対応だったり、日曜や祝日は預かってくれない場合も多いです。

それらも含めて旦那さんなど家族とどのような勤務で働くことが可能かある程度話しあっておきましょう。

 

ちなみにわが家では朝は私が送迎して、帰りは奥さんが迎えに行っています。

土曜日曜は基本私が見て、祝日は私も出勤するので、どちらが子供を見るかはその度奥さんと相談しながら決めています。

もし朝の送迎を旦那さんなど家族がすることが難しければ、働く施設に相談すると融通をきかせてくれる場合も多いです。

介護職員の数が足りていない施設が本当に多いので、パート勤務でも良ければ融通をきかせてくれたりします。

実際以前私が働いていた施設は8:00~16:00までのパート勤務で働いている職員もいました。

他には8:00~13:00、12:00~17:00、17:30~20:30などで働く職員もいましたよ。

もし働き場所を選べるなら・・・

もし働き場所を選べるなら、比較的大規模な施設で働いた方がいいです。

もし子供の病気で急に休んでも、大規模な施設では人員の数も多いので、何とかカバーしてくれます。

小規模な施設は人員が少ないので、急な休みのときは残された介護職員の負担が大きくなってしまいます。

そうなると、どうしてもあなたはかなり気をつかいながら働く必要がでてきます。

ただでさえ、介護施設の人間関係はあまり良くないことが多いので、小さな施設ではあなたの立場を保ちにくくなります。

また誰かが急に辞めたときは、埋め合わせができなくて、仕事がかなりハードになることも多いです

 

もちろん小~中規模の施設でも働くことは可能ですが、欠員の埋め合わせがしにくいことを考慮したうえで選択しましょう。

実は私の奥さんは小~中規模程度の施設で働いています。

奥さんも子供の病気で休むのでお互い様ですが、人員の欠員が出たときは本当に大変みたいです。

もともと特養でバリバリ働いてきた奥さんが「キツイ」というので、本当にキツイのだと思います。

また子供の病気などで突然休むことになった場合も、結構気をつかっているみたいですよ。

新しく施設で働く場合は託児所がある介護施設を探してみる

新しく施設で働く場合は託児所や保育所がある介護施設を探してみるのもいいでしょう。

大きな法人の施設などで託児所や保育所を抱えている法人もあります。

そんな法人でしたら子供を預けてすぐに施設で働けるので、働きやすいです。

そんな託児所がある施設が無い場合も、保育所からの距離も考慮して就職先を探された方がいいです。

介護施設と保育所の距離が遠いと、ちょっと勤務の都合で遅れそうになったときも対応しやすいですよ。

パートで働くなら訪問介護も1つの手

パートとして働くなら、訪問介護も選択肢として考えてもいいでしょう。

指定した時間で働ける場所を紹介してくれ、1件の訪問時間もそんなに長くないので、子育てとの両立もしやすいいです。

ただ利用者さんに急に予定が入ったりしたときはサービス提供が中止になり、収入が安定しにくい部分もあります。

施設ではある利用者さんに急に予定が入っても、別の利用者さんの介助をすればいいだけですし、施設内の雑用も様々あります。

しかし、訪問介護の仕事はある1人利用者さんのために入浴、掃除など1つのサービス単位で入るので、その利用者さんがキャンセルしてしてしまうとその時間帯の収入がなくなってしまうことになります。

もちろん働く訪問介護事業所によってはその穴埋めをしてくれる場合もありますが、施設のように安定しない可能性があります。

 

また、働きたい時間帯にサービスが欲しい利用者さんがいなければ、働くことができません。

そして、もし希望通りの時間帯に合う利用者さんがいたとしても、その利用者さんがずっとサービス利用するかわからないです。

利用者さんはみんな高齢なので、急に入院することもありますし、状態が大きく変わることもあります。

逆に、ヘルパーに欠員が出たときに急に応援要請が入ったりもするので、もし訪問介護で働く場合は、働ける時間帯を整理しておいた方がいいでしょう。

 

そして、施設職員は資格は特に必要ありませんが、訪問介護は介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)という最低限の資格が必要です(もちろん施設職員も資格を持っていた方が採用時有利にはなります)。

また、訪問介護事業所にもよりますが、訪問介護は正社員へのステップアップも難しい場合が多いです。

施設は子供が大きくなったら働く時間も増やして、正社員にステップアップがやりやすかったりします(もちろんその個々の職員の能力的な部分も大きいですが)。

なので、将来的に正社員を目指すのであれば、施設職員の方がいいかもしれません。

もちろん、あなたの資質や働き方によっては、訪問介護の方が向いている場合もあるので、上記の点を考慮して検討してみてくださいね。

子育てと介護職を両立するポイントは?

今まで実際の働き方について解説してきました。

最後に子育てと介護職員を両立していくポイントを解説していきます。

どんな仕事もそうですが、子育てしながら介護の仕事をこなすのは大変です。

子育てと介護職を両立していくためには、

  • 完璧を目指さない
  • 自分の時間も大切にする
  • 何でもかんでも一人でかかえこまない

ことが大切です。

 

何でも完璧にしようとしても無理があります。

ある程度の手ぬき家事はオッケーです。

例えば、時間がある時に食材を調理して冷凍しておいたり、食洗器などの便利家電に頼ったりすることは、手ぬきに見えにくいのでどんどんやりましょう。

自分の時間も大切にして、子供が寝たりしているときにでも楽しむ時間を見出しましょう。

今はスマホだけで動画なども楽しめる時代です。

また自分の時間を大切にするためには、家族さんなどに頼ることも大事です。

旦那さんなどの家族にも子育てに参加してもらいましょう。

子供もいろんな大人と触れ合った方が教育上いいですしね。

 

何でもかんでも抱えこんでしまって、なおかつ完璧にやろうとすると、あなた自身が疲れ果ててしまいます。

そんなストレスは子供に対して無意識に向かってしまいがちです。

自分自身を大切にすることは、子供を大切にすることにもつながっていきますよ。

そして、自分自身を大切にするためには、次のような時短グッズの活用もかなり有効です。

子育て中に有効な時短グッズを見てみる!