介護リーダーや主任が部下との個人面談や相談で気をつけること!

介護リーダーや主任になると、部下と個別で面談もします。

人事考課的な面談は管理者がやる場合が多いでしょうが、それとは別に普段の働く姿勢や介護観の違いによる意見の相違などについて話し合う必要があります。

例えば、リーダーとして注意したりモチベーションをあげたり。

また、逆に部下の方から相談にのって欲しいと言われることもあるでしょう。

そこで、介護リーダー(主任)が部下と個人面談を行うときに気をつけるポイントを解説していきます。

まずは面談をすることのメリットから説明していきますね。

介護リーダーが部下と個人面談することはメリットもある

介護リーダーや主任が部下と面談するにはメリットが多くあります。

介護リーダーが部下と面談すると、

  • 信頼関係の構築
  • 部下の成長を促進できる
  • 部下のストレスや悩みの軽減
  • 問題点が整理される
  • 話すことで自分の考えがまとまる

などの数多くのメリットがあります。

ちゃんと面談を行えると、部下との信頼関係もでき、部下の悩みなど問題点の整理もできてメリットがかなり多いです。

 

ただ、いい面談にするためには、コツもあります。

そのコツを次から解説していきますね、

介護リーダーが部下といい個人面談にするために

面談の意味や目的をはっきりさせておく

介護リーダーが部下といい面談をするためには、面談の意味や目的をあらかじめ整理しておく必要があります。

個人面談するようなケースはその介護職員としての問題点と、業務上の意見の相違がごちゃ混ぜになっていることもあります。

例えば、意識の高い介護職員だけど、相談なく、みんな納得しないようなケアをすすめてしまうこともあります。

この場合、

  • 相談がなかったこと
  • ケア方針がみんなが納得しにくいこと

の2つは別の問題です。

あらかじめ整理しておかないと、話がゴチャゴチャになってしまって、部下の不満を聞いただけで終わってしまうこともあります。

確かに、部下の不満を話してもらってガスぬきしてもらうことも面談の大きな目的ではありますが、話する目的を整理しておき、次にやるべきステップを見出せることも面談では大事です。

過去の否定ではなく未来志向で考える

面談では、できない部分や失敗ばかりに着目しないことも大事です。

できない部分にちゃんと気付いてもらうことも大事だけど、できない部分ばかり責めたてるだけでは、介護職員のモチベーションが落ちてしまいます。

介護職員が足りていない施設も多いと思うので、モチベーションが低下してその職員辞められてしまうと施設運営が大変になります。

やってしまった過去の否定だけでなく、将来的にどのように改善していくのかという未来志向で職員と接することでモチベーションが低下しにくくなります。

否定ではなく改善していく方向性が見えると、職員もやる気がでるもんですよ。

できるなら面談内でゴールを設定する

できるなら面談内で具体的なゴールや目標を設定するといいでしょう。

その問題点から、具体的な目標を定めることをできると、部下のモチベーションもあがりやすいです。

また、その目標に向かう過程の障壁になるものーだを明確にすると、具体的な行動にも移りやすくなります。

聴く姿勢が大事

介護リーダーが部下と面談するときは、聴く姿勢が大事です。

一方的に介護リーダーが話してしまうと、部下も言いたいことが言えなくて、せっかくの面談が台無しになります。

例えば、部下も参考にはなるかもしれませんが、上司の成功体験を押しつけるだけでは仕方がないです。

なので、上で目標設定の話をしましたが、一方的に介護リーダーが目標設定するのは望ましくないです。

大事なのは、問題の答えをリーダーが言うのではなく、何が問題なのか部下に言ってもらうことです

アドバイスは必要かもしれませんが、あくまでその職員の意思をもって決めてもらうことが大事です。

部下の成長にもつながるし、自主性も高まります。

なかなか完璧にやるのは難しいですが、このような姿勢を介護リーダーが持っているだけでも、一方的ではない良い面談になる可能性が高まりますよ。

否定するときはきっちり理由を話す

部下からの相談の内容を受け入れることが難しい場合は、相手の気持ちも配慮したうえで、きっちりと理由を話すことが重要です。

理由があいまいでただ「できない」だと、単に話を聞いてくれない上司と思われてしまいます。

相手の意見を否定するときは特に納得するまで説明することが大事です。

例えば、

  • 施設の介護理念にあっていない意見なら、そのことを丁寧に話す。
  • 人員が足りないために職員の負担が大きいのなら、そのことを丁寧に話す。

など納得するように説明することが大切です。

本当に大変で気をつかいますが、ちゃんと説明することで部下のモチベーションが落ちにくくなりますよ。

介護リーダーは部下との面談後の姿勢も大事

介護リーダーは部下との面談後の姿勢も大事です。

すぐに取り組めることから始めてもらう

面談をして、ある程度方向性が定まったなら、すぐに取り組めることから始めてもらうといいでしょう。

そのためには介護リーダーも何から取り組んだらいいのか、面談時などに一緒に考えてあげることが大切です。

部下もすぐにその目標に向かって、具体的な行動に移せるのでモチベーションが高まりやすいです。

最初の1歩を踏み出すことって物事を進める時にかなり重要ですよ。

面談後も気にかける

介護リーダーは面談後もその部下のことを気づかう姿勢が大切です。

面談が終わったので「この話は終わり」では、部下からすると「言うだけでなにもフォローしてくれない」と思ってしまいます。

介護リーダーは面談後も、面談で話した目標などを意識的に話すようにすると、部下もやる気になりやすいです。

そのときに目標の進捗(しんちょく)具合なども気にかけるといいでしょう。

また、面談で話し合った内容で、役立つ情報などがわかれれば提供してあげる姿勢も大切です。

面談でリーダーがやることも決まった場合は(例えば、施設長に相談する。など)、その進捗具合も伝えてあげることも大事ですよ。

介護リーダーは面談以前の普段から姿勢も大事

介護リーダーや主任は面談以前に普段から接する姿勢も大切です。

例えば、部下から率直な意見を集めたいのであれば、自分から自分のことを部下に話す、腹をわって話す姿勢も大切です。

部下の立場に立つと、何を考えているかよくわからない上司には意見は言いにくいものです。

自ら、自分の情報を開示することで、信頼関係構築にもつながります。

また、部下について知ろうとする姿勢も大切です。

知ろうとする姿勢がなければ、部下から話はしようとしてくれないものです。

日頃から部下と話す時間を持って、いざ面談が必要な時の下地を作っておきましょう。

まとめ

介護リーダーや主任が部下と個人面談する姿勢を解説しました。

部下のモチベーションを維持するために、5分程度の立ち話程度の面談をすることでも十分有効です。

効果的に面談を行って、介護施設の運営に役立ててくださいね。

また介護リーダーであれば、下の記事も役立つと思います。よければお読みくださいね。

介護リーダーや主任は悩みが多い!気持ちが楽になる方法を紹介するよ!