介護副主任やサブリーダーの役割は?心構えも解説するよ!

介護職をしていると、副主任やサブリーダーの役割を担うことがあります。

施設によって副主任と呼んだり、サブリーダーと呼んだりします。

上司も働きを認めてくれたということで嬉しいことなんですが、反面、不安な部分も大きいと思います。

そこで介護職の副主任やサブリーダーの役割や心構えを解説していきます。

介護職の副主任やサブリーダーの役割は?

主任(リーダー)の補佐

介護をしていて副主任やサブリーダーの役割は、やっぱりその名の通り、主任(リーダー)の補佐が大事な役割になります。

主任が動きやすいように、職場を整えていくのが大事な役割です。

例えば、主任は立場上、厳しい発言をしなくてはいけませんが、そのまま放置しておくと雰囲気が悪くなって、最悪、その職員が退職してしまいかねません。

多くの介護施設で人員が足りていないのに、もし辞められたら大変です。

なので、副主任(サブリーダー)がフォローしてあげることがかなり大事になってきます。

リーダーに指摘された職員から話を聞いてあげるだけでも、ずいぶん違いますよ。

話を聞いてあげることで不満のガスぬきもできますし、その職員も聞いてくれる職員がいたことで「味方も施設にいる」って無意識に思うもんですよ。

もちろん、主任の意見が間違っていないなら、主任の意見を否定せずに話を聞くようにしましょうね。

主任を単に悪役にしただけでは、その施設はよくなりませんよ。

 

また、主任にはなかなか打ち明けてくれないことも、副主任には話してくれたりもします。

そんなヒラの介護職員の意見を聞きとって、主任に伝えることも大事な役割です。

 

そして、主任が足らない部分を観察して、その足らない部分を補っていく姿勢も大切になってきます。

例えば、主任が介護現場にでるような施設では、主任が事務作業をやりにくい場合もあります。

そんなときは主任が事務作業をやりやすいように、主任ともに職場環境を整えていく必要があります。

主任が現場に入っていないことで文句を言う職員がいれば、そこで大事な役割であることを伝えたりすることが大事です。

また、リーダー補佐として事務仕事や管理の仕事の一部を担って、リーダーを助ける場合もありますよ。

主任(リーダー)の悩みを聞いてあげる

副主任(サブリーダー)は主任(リーダー)の補佐が大事とお伝えしました。

その補佐役として、主任の悩みを聞いてあげることも大事です。

主任は上からもあれこれ言われ、下からも好き放題言われる役割です。

かなり孤独なポジションです。

正直な話、主任手当ても少なく、業務内容と見合っていないことも多いです。

主任の方が役職が上なので自分よりベテランの場合も多いかもしれませんが、主任の大変さを理解してあげて、時には悩みを聞いてあげることも大事です。

悩みは抱え込んでいると辛いですが、ちょっと相談しただけでかなり気持ちが楽になります。

そんな主任の悩みの相談役(聞き役)になるのも、副主任の役割ですよ。

介護現場の模範になる

施設によっては主任は現場から少し離れていても、副主任やサブリーダーは現場に入る場合が多いです。

なので副主任やサブリーダーはその他のヒラ職員の模範(もはん)となる行動をとるようにしましょう。

  • 利用者さんのことをよく知り、適切な介護が行うこと
  • 職員を適切に叱咤激励(しったげきれい)すること

これらのことを行っていきましょう。

他のヒラ職員に自分の姿を見て感じてもらうことも副主任の大切な役割ですよ。

介護職の副主任やサブリーダーの心構えは?

介護職の副主任(サブリーダー)には心構えも大事です。

介護副主任は強い気持ちで模範になる行動を

介護副主任(サブリーダー)には強い気持ちを持って、仕事にのぞむことが大切です。

リーダーに負けないくらいに引っ張っていく強い気持ちも持つことが大事です。

主任ほどではないですが、副主任になると陰口を言われることもあります。

何かを決めると、どうしても反対する人が出るのは仕方がないことです。

陰口を気にせずに主任と連携を図りながら、日々の介護にあたっていきましょう。

ちゃんと意見をぶつけずに陰口しか言えない職員とは、あきらかに力の差があるとも考えられます。

対等な関係だったら、ちゃんと意見をぶつけてこれるはずです。

陰口を言った時点で負けているのですが、陰口を言う人間はそんな負けている事実に気付いてないです。

陰口を言う人間すら包み込む感じで強い人間を目指しましょう。

聞き役に徹すること

介護副主任やサブリーダーをやっていくにあたって、聞き役に徹することも大事です。

自分の意見や気持ちだけを伝えるだけでいいのは、ヒラの介護職員だけです。

副主任は相手からの意見を適切に聞いて、時には主任に相談していくことが大事です。

なので、話しかけてもらいやすいポジションになることを心がけましょう。

かといって、イエスマンにならないことも大切です。

職員が間違ったことを言っていれば、アドバイスしてあげることも大事です。

そのアドバイスするときは、一呼吸おいてからアドバイスするといいです。

人間なので職員から意見をぶつけられると、気持ちが動いてしまって冷静にアドバイスできないこともあります。

一呼吸おいてからアドバイスする姿勢を保っておくと、冷静にアドバイスしやすくなりますよ。

視野を広く持とうとする

介護副主任やサブリーダーは視野を広く持とうとすることも大事です。

例えば、ある意見があって、相手の意見、自分の意見、その他の意見、それぞれのメリットやデメリットを考えて広く判断することが大切になってきます。

また介護職員の中にいろんな人もいますし、看護師さんなど多職種も関わってきます。

人間関係なども一部の人間の言う事だけを聞かずに、総合的に判断していくことが大切ですよ。

サブリーダーをがんばりつつもどうしてもしんどければ…

介護副主任やサブリーダーの役割や心構えを紹介しました。

副主任やサブリーダーになると、不安な部分も多いと思います。

上司が認めてくれてなったのだから、自信も持って取り組んでいきましょうね。