介護職の気分転換とストレス解消法!日々の仕事をやっていくために!

介護職をしているとストレスがたまりがちです。

認知症の利用者さんから一方的に暴力を受けたりもしますし、同僚職員との人間関係もストレスになったりします。

そこで、介護職の気分転換とストレス解消方法を解説していきます。

介護職が気分転換するためには笑うことが大事

介護職が気分転換をしていくためには、笑うことが大事です。

利用者さんとの何気ない会話で笑ったりとか。

利用者さんの中に癒されるような人がいたりすれば、その人と話して癒されてみるのもいいかと思います。

辛くなりがちな介護の仕事が少しでも楽しくするために、職員同士でもバカを言い合ったりするのもいいですよ。

悩みをためずに上司や同僚などに相談する

仕事上の悩みがあるなら、ためこまないことも大事です。

悩みをためこまずに上司や同僚職員に相談してみましょう。

悩みは一人で抱えていると、少しずつ気持ちが病んでいく感じになります。

もし同僚にそんなことを言えない感じであれば、友人や家族に聞いてもらうだけでもかなり違いますよ。

ためこまずに悩みを吐き出して、ストレス解消しましょう。

介護職もストレス解消のツボをおす

ストレス解消のツボを押すのもいいです。

いろんなストレス解消のツボがあるのですが、この記事では仕事中でも押しやすい労宮(ろうきゅう)というツボを紹介しておきます。

このツボは緊張を緩和させたり、気持ちを落ち着かせてくれる効果があると言われています。

労宮はこぶしを握ったときに人差し指と中指の先端の間の位置にあるので親指などで押してみましょう。

動画で見た方がわかりやすいと思うので、わかりやすい動画を紹介しておきますね。

介助のあいまに目を閉じて深呼吸

介助のあいまや休憩時間などに目を閉じて深呼吸するのもいい気分転換になります。

深呼吸は職場でも気軽に取り組みやすいです。

不思議なんですが、数十秒だけでも目を閉じて深呼吸すると、イライラした気持ちなどのマイナスの感情が少しマシになります。

深呼吸を目を閉じてやることで、目を休めることもできますしね(介護職は観察が大事なため目をかなり使っていると思います)。

そして、深呼吸をして酸素をとりこむことで脳に酸素もいきます。

働いているとストレスからか呼吸が浅くなりがちなので、どこかのタイミングで深呼吸をしてみるのは、かなりいいです。

また深呼吸で呼吸に集中することで、雑念を飛ばすこともできますよ。

瞑想(めいそう)もいい気分転換!

家に帰って瞑想(めいそう)するのもいいですよ。

瞑想というと難しそうですが、背筋を伸ばして座って呼吸に集中したらいいだけです。

別に特別な呼吸をする必要がなくて、自然な呼吸をして呼吸に意識を向けていくと、なぜか頭がすっきりします。

介護職は辛い仕事なので、雑念が多くありがちです。

そんな雑念も瞑想をすると、気持ちが落ち着きます。

数分くらいの瞑想でも十分リラクゼーション効果を感じられると思います。

日記を書くのもストレス解消!

良いことも悪いことも日記を書くと、スッキリするのが不思議です。

日記帳を用意しなくても、普通のノートに書き込んだらオッケーです。

心の中に思いをためておくとモンモンとしますが、日記などに書き出すと気持ちも整理されます。

  • 利用者さんに対する感想
  • 他の介護職員への思い
  • 介護施設への不満

などなど何でもいいので、思いのたけを日記などに書き込んでみましょう。

また、日記を書くときは悪いこともどんどん書いて、不満を自分の中にためこまないようにすることも大事なんですが、今日あったできごとの良い面に着目することも大事です。

  • 帰り道に聞いた音楽が心にしみた
  • 利用者さんの発言に笑った
  • ある職員さんに親切にしてもらった

などささいなことでいいので、良い部分を書くようにしましょう。

プラスの面が積み重なっていく感じになるので、気分転換だけでなく介護職としてのモチベーションを維持しやすくなりますよ。

一日の終わりにマッサージやストレッチなどをして気分解消!

介護職は身体を使う仕事なので、身体のメンテナンスも大事です。

身体と気持ちってリンクしているので、マッサージやストレッチなどで身体のケアをおこなうことも大事ですよ。

下の記事は足のむくみやだるさを解消する記事ですが、その中でマッサージやストレッチ方法などについても解説しています。

こんな身体のケアを行っていくこともストレス解消につながりますよ。

介護職の足のむくみやだるさを解消したい!いろんな方法をおしえるよ!

介護職もオンオフをわけることが大事

介護職は精神的に辛い仕事なので、プライベートな時間も仕事での気持ちをひきずりがちです。

でもそんな介護職だからこそ、オンオフをキッチリ分けることが大事です。

家に帰ったらとりあえず入浴する、部屋着に着替えるなど、自分なりのオフのスイッチを決めるといいでしょう。

そしてそんなオフのスイッチを入れたら、介護の仕事のことをできる限り考えずにプライベートな時間を過ごすようにしましょう。

ほとんどのことは介護施設に行って考えないと解決しないことばかりのはずです。

仕事のことばかり考えずに、プライベートにしっかり遊んだり休んだりすることも大事なことですよ。

飲み会や食事会に行くのもいい

飲み会や食事会に行くのもいいです。

同僚の介護職員と行くのもいいですし、気の置けない友人と行くのもいいでしょう。

同僚といくとチームのキズナが深まりますし、グチも言いあいやすいです。

また、同じシフト勤務なので、予定を合わせやすいです。

そして、友人と食事に行くと気遣い無用なので本当に楽しいです。

職場ではできないバカ話などもできて、いい気分転換になりますよ。

介護職もプチぜいたくしてストレス解消!

介護の仕事は大変なので、ときにはごほうびも必要です。

  • ちょっといいアイス
  • ちょっといいお菓子
  • ちょっといい食事
  • ちょっと恋人にあまえる

なんでもいいかと思います。

ちょっとプチぜいたくをしたら、意外と明日からもがんばっていこうとなるもんですよ。

お風呂に入るのもいい気分転換

介護職は身体を使う仕事なので、お風呂に入ると本当に気持ちいいもんです。

自宅にいるときは、半身浴をしながら読書をしたりしても楽しいです。

そして、温泉や銭湯にいったりして、大きなお風呂で足を伸ばして入るのもいいです。

汗もかいて新陳代謝(しんちんたいしゃ)もよくなって、身体の中のストレスも一緒に流れてくれそうな感じです。

介護士も運動をして気分転換をする

運動もいい気分転換になります。

介護職は身体を使う仕事なので休みの日などはゆっくりしたい気持ちもわかりますが、適度に運動をするといいストレス解消になります。

ウォーキングなどの有酸素運動をすると気持ちいいです。

また筋トレをすることで、筋肉もついて介護業務自体が楽にもなります。

下の記事は介護職に有効な自宅での筋トレを紹介した記事なので、参考にしてみてくださいね。

介護職に有効な筋トレとは?日々の身体を少しでも楽にしよう!

上の記事だけでなく、『筋トレ名 動画』などで検索するとYouTubeなどの動画がでてきますよ。

映画を見るのもいい気分転換!

好きな映画を見るのもいい気分転換になります。

映画館で見たり、自宅でレンタルして見てもいいでしょう。

映画館で見ると迫力満点ですし、映画館でポップコーンを食べるのもいいもんです。

また、最近は自宅で気軽に見える動画サービスも増えてきたので、これらのサービスで見るのもいいかと思います。

音楽を聞くのもストレス解消になる

音楽を聞くのもいいストレス解消になります。

歌うのが好きならカラオケに行ったり、自分の車の中で大きな声で歌ったりしてもいいです(もちろん安全注意ですよ)。

私も介護の仕事を続けてこれたのは、音楽で気分転換できたのも大きかったです。

ときには、好きなアーティストのライブに行ったりするのも楽しいですよ。

好きなアーティストのグッズも買えますしね。

山や海へいくのもいい!

山や海で自然にふれてみるのもいいもんです。

登山などを本格的にしなくても、ちょっと山などにドライブに行って山の自然の空気をすっていると気持ちいいです。

新緑のかおりなどをかぐと気持ちいいです。

山間部は人をリラックスさせる効果があると言われているマイナスイオンが出ているからでしょうか。

また、海でぼんやり波をみるのも、心が雄大な感じになってすっきりします。

海をボーっと見ていると、不思議と癒されます。

海の青さには精神を安定する効果があると言われていますよ。

介護以外の趣味を持つ

介護以外にプライベートで趣味を持つことは、本当にいい気分転換になります。

いままで紹介してきた内容で気になるものがあれば趣味にするのもいいでしょう。

私も音楽が好きですし、読書やランニングも好きです。

そんな趣味を持ったことで気分転換になって、介護職を続けてこれたと思います。

趣味を持つのは本当にいいことだと思いますよ。

ひたすら寝たりゴロゴロするのいい!

やっぱり介護職をしていると、日々疲れます。

なかなか他の気分転換をやる気持ちになれないときは、ひたすら寝てゴロゴロするのもいいもんです。

全ての休日をゴロゴロするのは望ましくないですが、ときにはゴロゴロする休日があってもいいはずです。

家でゴロゴロしながらでも、動画サービスを見たり、読書などもできます。

プチぜいたくなアイスを買ったりして、ゴロゴロすることもできます。

もし休日にゴロゴロしたいなら、仕事の帰りに買い物して必要なものを買いこんでおくと、思う存分ゴロゴロできますよ。

まとめ

介護職が気分転換やストレス解消する方法を多く紹介しました。

このなかでいいと思うものがあったら、とりいれてみてくださいね。

ストレスフルな介護の仕事です。

気分転換もしっかり行って、お仕事がんばってくださいね。