介護新人あるある!こんな職員を育てるのは大変です!

介護職の新人はなぜか不思議な行動をとることが多いです。

新人なので緊張しているのかもしれませんが、思わず「・・・」と絶句するようなことも。

そんな介護職の新人あるあるを紹介していきます。

このなかに当てはまる新人さんがいるかな?

介護新人あるある!メモをとらない!

介護職の新人さんで時々メモをとらない新人さんもいます。

メモをとらなくても、ちゃんと覚えてくれていたらいいのですが、まあ覚えていません。

私の出会ったすごい新人さんでは、「私はメモをとらない主義なんです」なんて言う新人さんもいました(笑)

「どんな主義だよ。じゃあ覚えていてください」と思うのですが、まったく覚えていません。

メモをとることをアドバイスしても聞いてくれません。

頼むから、聞いてよ(笑)

何でも「はい」というが、理解はしていない新人さん

介護現場で何でも「はい!」と返事はいいのですが、実際は理解してくれていないです。

「わからない部分があれば質問してください」って思うのですが、難しいみたいです。

確かに新人さんは質問しにくいとは思うのだけど、質問するっていう発想すらないように感じることもあります。

質問しやすいように、「何でも聞いてね」と新人さんに話してあげたり、雑談もまぜこんだりしてリラックスしてもらうようにしているのだけど、「はい!」だけです・・・。

難しいですねぇ。新人教育・・・。

何度も教えたはずになのに「聞いてない」と通す新人さん

介助動作や利用者さんのことなど何度も教えたはずなのに、「聞いていない」と言い通す新人さんもいました。

新人は素直なことも大事だと思うのですが、本当に忘れているのかな???

同じことを言い方を変えて説明したり工夫するのですが、「聞いていない」そうです・・・。

間違いを訂正すると「こう教えられた」という新人さん

新人なので間違うことはあります。

それは仕方がないことのなので、訂正してあげますよね。

多くの新人さんは「すいません」と言って反省してくれるのですが、「こう教えられたんです」と言い切る新人さんもいました。

例えば、ギャッジをあげずにベッドに寝たまま水を飲まそうとしたり。

私の介護事業所では基本的に新人さんにはベテラン職員がつくので、そんなこと教えるはずもないのに。

新人って素直なものではないのかな。なぜそんな嘘をつく・・・。

「新人なので」と言い訳をする

何かにつけて「新人なので」と言い訳する新人さんもいました。

気持ちはわからなくはないですが、利用者さんにとっては新人なのかどうかって関係ないですよね。

そのことを指摘してあげても、あまり反省している様子はなかったです。

困ったもんです(笑)

指摘すると、とにかく言い訳する新人さん

指摘や注意すると、とにかく言い訳する新人さんもいました。

言い訳して自分を守ろうとしているかもしれませんが、その言い訳は逆効果ですから(笑)

確かに言い訳したくなる気持ちもわかりますが、言い訳することで成長しにくくなっていることに気付けていないようです。

言い訳どころか逆切れする(笑)

言い訳どころか逆切れする新人さんもいました。

移乗介助のとき危険だったので、伝えると逆切れされました。

そんなに厳しく言ったつもりないのだけど、なぜ逆切れする???

怖くて教える気になれないんですが・・・。

教えてもらっている感じがない新人さん

教えてもらっている態度ではない新人さんもいました。

例えば、まちがいを伝えると、「文句を言われた」と、見守りをしていたら「見張りされている」と解釈したり・・・。

文句じゃなくて、良くなって欲しいので教育しているのに、そうは受け取ってくれません。

介護業界って本当に変わった新人さんが入ってくることが多いような気がします。

言われなければ動かないし、言うと余計なことをする(笑)

言わなければ動いてくれないし、言ってやってもらおうとすると余計なことをしてしまいます(笑)

新人さんなので勝手に動きにくいとは思いますが、多少は「〇〇しましょうか」などの提案があってもいいような気がします。

また指示の出し方がおかしかったのかもしれませんが、やってもらうとおかしなことをやったり(笑)

何度か教えてあげたことだったので、お願いしたのだけど・・・。

なかなか難しいですねぇ。

すぐにできないという新人さん

すぐに何でも「できない」という新人さんもいました。

「まだ働きはじめたばかりで無理」なんだそうです。

「気持ちはわかるけど、チャレンジしないといつまでもできるようにならないよ。」って教えてあげるのですが、難しいみたいです。

今まで教えてあげた内容から、新人さんでもできそうなことをやってもらうようにお願いしているのですがねぇ。

難しいんですね・・・。

気づかない点を言ってくれるのはいいけど・・・

新人ならではの既存職員が気付かない部分を指摘してくれるのはありがたいです。

長年働いていると、常識的に思うことがまちがっていることもありますからね。

でも、そんな指摘が単なる文句になってしまっていることもあるのが残念です。

もっと建設的に話してくれたら、聴く耳がある介護職員も多いですよ。

いや・・・そうでもないか(笑)

職員さんよるかも。

新人指導ならぬ、ベテランさん指導も必要かもしれません(笑)

勉強会などで寝てしまう(笑)

勉強会などで新人さんが寝てしまうことがあります。

やる気はあって前の方にいくけど、寝ている(笑)なんてこともあります。

介護職は身体を使う仕事なので疲れているんでしょうね。

もしくは、身体を使うのは得意だけど、座学は苦手なのかもしれません。

欠勤の連絡をメールやLINEでしてくる新人さん

常識も変化しているのかもしれませんが、欠勤の連絡をメールやLINEでしてくる新人さんもいます。

上司がいいといえばいいのだけど、いつ認めたんでしょう?

しかも先輩の個人携帯にメールやLINEしてきたり(笑)

先輩を使わずに施設に直接電話してください・・・。

介護職で大切な報連相ができない新人さん

チームで動くので報連相は介護職員にとってかなり大切です。

でも、そんな報連相ができない新人さんも多いです。

介護技術や知識がないことはわかりますが、先輩に報告することくらいはできるはずです。

「ちゃんと報告してね」と何度も言うのですが、聞いてくれません。

観察する重要なポイントなどもその都度話しているのですが・・・。

常識に欠けている新人さん

常識に欠けている新人さんも多いように感じます。

まあ、新人だけでなく介護職員は全体的に変わった人も多いように感じるので、常識に欠けている人を引き寄せているだけなのかもしれません(笑)

就業初日でいなくなる新人さん

就業初日でいなくなる新人さんもいます。

初日で嫌になる気持ちもわからなくはないけど、悲しすぎます・・・。

新人さんの家に訪ねていって「そんなにうちの施設ってキツイ?」って聞きたくなります。

また初日は大丈夫でも、短期間勤めて「無理」と判断して辞めていく新人さんもいます。

採用面接に通ってきたのだから、それなりにやる気はしめしていたと思うのですが・・・。

そんなにうちの施設ってキツイ?・・・んだろうねぇ(笑)

思いやりや気づかいがない

思いやりや気づかいがない新人さんもいます。

「なぜあなたは介護職をこころざしたのだ!」と思わず説教したくなるときもあります。

確かに優しさだけでは介護職はやってられないですが、大事な部分です。

仕事がなかっただけなのかもしれませんが、「介護職をこころざすのはやめていたら良かったのに」って思う新人さんもいます。

まとめ!介護職の新人あるある!

介護職の新人あるあると数多く紹介してきました。

人手不足でいろんな新人さんを採用するのもわかりますが、なかなか大変です。

遅咲きの新人さんもいるのは事実なので、上司と相談しながら気長にやっていきましょう。

下は新人指導について書かれた記事です。参考にしてくださいね。

介護の新人職員の教え方!ベテランがわかりやすく指導方法を解説するよ!