介護士が転職を病院に看護助手としてすると?施設と比較しながら解説!

介護職員をしていると、病院に転職して看護助手として働こうと思ったこともあるかもしれません。

病院か施設かどちらがいいのか悩みますよね。

そこで、介護職が転職するときに、病院か施設かどちらがいいのかを考えやすくするためにまとめていきますね。

介護の転職で病院にいく?施設との違いは?

介護職として働く場合、根本で病院と介護施設では大きく異なる部分があります。

それは、

  • 介護施設 = 生活の場
  • 病院 = 治療の場

という違いです。

介護施設は利用者少しでもいい生活を送ってもらおうと介護職員考えれる生活が主体の場です。

でも、病院は病気やケガを治療をするのが主な目的です。

なので、病院では生活の質(QOL)よりは、患者さんの治療が主体になります。

 

この根本的な違いをおさえたうえで、次から病院で働くメリット、デメリットを順番に解説していきますね。

介護士が病院に転職するメリットは?

医療に触れる機会が多い

介護職員が病院で働く最大のメリットは、医療を直に見れる機会が多いことです。

なので、医療を学びたい希望があるなら、病院はかなりいい場所です。

介護士は医療を苦手にしている人も多いように感じられます。

病院に転職すると、そんな医療面の知識を看護師さんの補助をしながら身につけることができます。

例えば、介護施設ではいろんな処置なども単なる塗り薬をぬって終わりだったかもしれませんが、病院では様々治療を見ることができます。

病人に相手にするので、介護施設よりある種の緊張感があるともいえます。

 

介護施設でいると、どうしても「看護師は理解してくれない!」なんて対立的に思ってしまう場合もあったとは思います。

例えば、施設では認知症や寝たきりの利用者さんへの対応も、看護師さんと介護職員では考え方が異なったりすることもあったでしょう。

でも、病院に所属していると、病院で行う医療的なアプローチを素直な目で見ることができやすくなります。

それは、介護職としての幅を広げることでもあります。

今後、さらに転職して介護施設に戻ったとしても、病院での医療現場を間近で見た経験は役立つでしょう。

介護施設よりプレッシャーは軽い

病院では看護助手として働くのは、介護施設で働くよりプレッシャーは軽く感じることが多いです。

あくまで比較の問題なので、病院で働く介護士(看護助手)も当然、責任感は必要になります。

ただ、介護施設は介護職員が主体となって考えて動く必要があったのですが、病院では医師や看護師さんから指示を受けて行動することが多くなります。

自分で決定することが増えるとストレスも増えるのですが、その機会が減るので、プレッシャーは軽く感じられやすいです。

3大介助(食事、入浴、排せつ)が多いので、黙々と身体介護をどんどんこなしたい人は病院はいいかもしれません。

そして、介護施設は担当職員がケアプランなどに携わる機会も多かったと思うのですが、病院ではケアプランなどを考えたりする必要がない場合も多いです。

夜勤をするときも介護職員だけで夜勤することもないので、急変が起きたときなども介護施設に比べると安心です。

レクなど考えなくていい

病院ではレク活動などがない場合がほとんどです。

介護施設では個々の介護職員がレクの企画して運営することも多かったと思います。

そんなレクを考える必要がないのもメリットと言えるでしょう。

なかには、レクで頭を悩ませる必要はなくなるけど、それを寂しく思う介護士もいるかもしれませんが。

介護士が病院に転職した時のデメリットは?

今まで病院で働くときのメリットを解説してきました。

介護士が病院で働くときにはデメリットもあります。

これからは病院に転職した時のデメリットも解説していきますね。

病院に転職するとマンネリすることも

病院では看護師の補助的な役割なので、施設と比べるとマンネリ化してしまい、やる気を失う可能性があります。

介護施設は介護職員が主体となっていろいろ考えていたと思いますが、病院では医師や看護師さんの考えていることを手伝う感じなので、モチベーションが低下する人もいます。

看護助手といえば聞こえはいいですが、中には介護士はほぼ雑用をしているような病院もあります。

病院によっては、食事も病室で食べ、食事での移乗が必要なかったり。

看護師からは「何でも屋さん」や「お手伝いさん」と捉えられていることも多く、それが不満に感じている介護士さんも多いようです。

感染のリスクが施設より高い

病院にいると、やはり感染のリスクが高くなります。

当然ながら、介護施設でいるときも感染症のリスクはあったとは思います。

でも、病院は、病人や身体の弱った人が治療に来る場所なので、施設よりも感染症にかかっている人と出会う可能性が高くなり、結果、感染するリスクも高くなります。

出世がしにくい

病院で働く介護士は出世がしにくい傾向があります。

転職先の医療法人の考え方にもよりますが、やはり病院は医師と看護師が主体です。

介護施設では経験と能力に応じて、相談員になったり施設長になったりといったことがありますが、病院ではずっと現場の場合も多いです。

現場が好きな人はメリットかもしれませんが、身体もいつまで元気なのかわからないので不安でもあります。

介護職員が転職を病院にするときのその他注意点は?

介護職員が病院に転職した時の給料は?

転職で気になるのが給与面だと思います。

給与は病院は医療法人が運営しており、病院で働いた方が高いとの意見もありますが、施設とそんなに変わらない病院も多いようです。

あなたが住んでいる地域の介護施設と比較しつつ、転職活動した方がいいでしょう。

基本給は変わりはないですが、夜勤手当などの手当てに差がある場合があるので、転職活動をするときはそこもチェックしてみましょう。

病院によっては施設よりも給料が低いところもあったので、給料はその転職する医療法人によるところが大きいのではないでしょうか。

福利厚生などは病院関係のサービスが使えたり、介護施設にない利点がある病院もあるので転職活動するときはこの点もチェックしておきましょう。

ただ、今所属している社会福祉法人の母体が病院の場合は、福利厚生に違いは感じられないかもしれません。

病院によっては実務経験として認めてくれないことも・・・

病院によっては、あくまで看護助手なので介護職としての実務経験と認めてくれないところもあるようです。

介護福祉士の受験資格は実務経験が3年必要ですが、その所属している病院が証明してくれないと受験できなくなってしまいます。

転職するなら、実務経験として認めてくれるのかちゃんと確認しておいた方がいいでしょう。

まとめ

介護士が病院に看護助手として転職する場合を施設と比較しながら解説しました。

この記事に書かれている内容はあくまで一般論なので、転職活動するときは個別の病院へ条件面などを確認しつつ行うようにしてくださいね。