介護士の転職で老健ってどうなの?特徴や向いてる人を解説するよ!

介護士が転職を考えるときに老人保健施設(老健)も選択肢の一つとして考えます。

今まで老健以外の施設で仕事してきたら、老健という施設で働くことが不安に感じているかもしれません。

そこで介護職が転職を老健にした場合、どんなことを想定していたらいいのかを解説していきます。

介護の転職先として老健はどう?特徴は?

介護老人保健施設(老健)はリハビリや医療的なケアを行いながら、在宅復帰を目指す施設です。

なので医師や看護師、理学療法士などのリハビリ職員が配置されています。

 

例えば、病院では急性期を過ぎると、自宅に帰るようにうながされます。

でも高齢者の中には、いきなり在宅での生活が不安で難しく感じられる場合も多いです。

そこでリハビリをもっとしてから、在宅に帰ることを目指す施設です。

なので、老健は病院と自宅の中間施設などとも言われたりもします。

入居期間は原則3か月とされ、3か月ごとに入所継続か退所か判定されるので、利用者さんの入れ替わりが多い施設です。

 

ただ、これも老健によって考え方が異なり、長期間利用者さんが入居を続けているような老健も多くあります。

例えば、本当は特養に入りたいけど、空きがでず特養待機者が老健に入ったりすることもあったり。

老健によっては、数年にわたり利用所さんが入居されている施設もあったり。

他には、老健は医療的なケアが整っているので、次の老人ホームを探すまでの仮住まい的な感じで利用されていたりもします。

なので、老健に転職を希望されるときは、各老健ごとに考え方が異なるので、特徴を調べたり、面接などのときにどんな感じなのか確認する必要があるでしょう。

介護職員の老健の仕事内容は?

介護職員として老健で働く場合は、他の施設と同じように、入浴食事排泄の3大介護や移乗などが中心になります。

勤務も早出、遅出、夜勤などのシフト勤務になっている場合が多いです。

ただ、在宅復帰を目指す施設なので、食事や移動なども介助するのではなく、利用者さん本人にできる限りやってもらうように声かけしていく姿勢が必要になります。

そして、他の施設と異なり、リハビリ計画にそって機能訓練やマッサージなどをする時間があるので、レクなどの時間が少なくなる傾向にあります。

介護士が老健を転職先に選ぶメリットは?

介護職員が老健を転職先に選ぶメリットは、やはり医療職と連携をはかれることが魅力的です。

医療職と連携をはかっていると、医療的な知識が自然に身につきます。

特養など他施設でもでも医療的な処置を行うとは思いますが、老健は医療的なケアが必要な利用者さんが多いのでより関われる機会が増えます。

また、他の施設でも看護師さんと関わることはできても、リハビリ職員と関わることはできない場合も多いです。

他の介護施設でも行っているとは思いますが、老健では特に利用者さんの残存機能を使ってもらうような介護を積極的に行っていたりもするでしょう。

そういうリハビリなど含めた広い医療的な視点を手に入れることができるのが魅力的です。

そして、介護職員は食事や睡眠など生活の変化を主としてとらえますが、医療職は症状や検査データなどから判断したりもします。

そのような医療的な見方を理解することができ、老健で働くと介護職としての幅をより広めることができるでしょう。

 

また、老健の夜勤は看護師さんがいることが多いです。

基準に定められているわけではないのですが、多くの老健の夜勤では看護師さんがいます。

夜勤中に何かあったときに不安に思う介護士さんも多いと思います。

老健では急変があったときも、看護師さんに相談できるので安心です。

ただ基準に定められているわけではないので、転職時に夜勤に看護師さんがいるか確認が必要です。

介護職員が老健に転職するときのデメリットは?

老人保健施設の運営主体の多くが医療法人だからなのか、医療職の方が介護職より上みたいにとらえられている老健も多いです。

介護職員としては、多くの医療職と連携をはかることができるのは大きいですが、どうしても介護職員は低く見られがちです。

他の介護施設でも看護師さんなど医療職員に偉そうにされて困っているなんて声を聞きますが、老健は医療スタッフが多いためにその傾向が強くなるようです。

医療職から指示をうけるだけのような老健もあるので、転職時はこれも確認した方がいいでしょう。

 

また、他の施設よりも多職種がいろいろ携わる機会が多いので、職種をこえて報連相をはかることが本当に求められます。

そういう多職種の連携をストレスに感じる場合もあります。

 

そして、原則3か月おきに利用者さんが退所を判断するので、他の施設よりは利用者さんの入れ替わりも多くあり、利用者さんとじっくり関係性を築きたい介護士さんには、デメリットに感じるでしょう。

利用者さんの入れ替わりが多いということは、利用者さんが入るたびにその利用者さんのことを覚える必要があり、それが大変に感じる介護職員もいるかと思います。

介護職員で老健に向いている人は?

介護職で老健に向いている人は

  • コミュニケーションをはかるのが苦でない
  • 在宅復帰をやりがいに感じられ、気持ちの切り替えの早い

のような介護士が向いているでしょう。

上にも書きましたが、老健は多職種連携なので、職種をこえたコミュニケーション能力が問われます。

逆に考えると多職種連携を学ぶこともできるので、そこに面白さを感じる介護職員が向いていると言えます。

 

また、老健は利用者さんの機能回復や在宅復帰を目指している施設です。

そんな機能回復や在宅復帰にやりがいを感じられる介護士は向いていると言えます。

在宅復帰も多いぶん、利用者さんの入れ替わりも多いので、気持ちの切り替えの早い人も老健に向いているとと言えるでしょう。

老健の介護士の給料は?

介護職員が老健に転職して給料も気になると思います。

老健の給料は、その他の施設と大きな大差はないようです。

ただ、これは各法人によって異なります。

特に手当や福利厚生などが違う場合もあるので、転職先を決めるときは、手当や福利厚生なども含めた条件面で考えれられた方がいいかと思います。

他にはボーナスの前年度支給額なども確認できるならしておいた方がいいでしょう。

ボーナスも法人によって異なることが多いですよ。

まとめ

介護士が介護老人保健施設(老健)に転職する場合に役立つような情報をお伝えしました。

老健で働くことで、医療職との連携のやり方や医療的な視点がわかることは大きなメリットです。

その一方多職種連携をするのが辛く感じるのなら、老健で働くのは大変です。

転職するときは、冷静に判断していってくださいね。