介護施設のオープニングスタッフは大変?メリットデメリットなどを解説するよ!

転職や就職活動をしていると、介護施設のオープニングスタッフの求人を見かけることもあります。

介護事業所のオープニングスタッフで働くことは大変なんでしょうか?

オープニングスタッフで働けたら楽しみな反面、不安もあると思います。

そこで、介護施設のオープニングスタッフとして働くことのメリット、デメリットを解説していきます。

また、オープニングスタッフに求められる人間像や面接時の志望動機などについても説明していきますね。

介護事業所のオープニングスタッフって大変?メリットは?

介護事業所のオープニングスタッフとして働くことはメリットも多くあります。

人間関係がフラットであることも多い

介護事業所のオープニングスタッフで働きはじめると、人間関係もフラットであることが多いです。

そのオープンする施設の法人や会社から異動してきた職員が多くいる場合もありますが、すでにできあがっている人間関係ではないです。

そして既存の法人の職員だけではスタッフの数が足りないので、新人も多く採用する施設が多いです。

なので、おのずと人間関係も一からスタートすることになります。

各介護職員みんなとと色々と試しながら、新しい環境を作っていくようになるので、介護職員の間で自然に一体感が生まれやすくなります。

派閥や上下関係などで悩んだことがある介護職員には、新規事業所のオープニングスタッフは魅力的にうつるでしょう。

設備がキレイ

オープニングスタッフの大きな魅力として、やっぱり設備がキレイというのは大きいです。

どうしても介護施設を長く運営していると、どんなに大事に使っても建物や器械なども古くなっていきます。

そんな既存の介護施設では、においがあることも多いです。

新規にオープンする介護事業所では机や椅子や介護用品や居室の家具なども新しいです。

そんなキレイな環境で働けることは、オープンングスタッフとして働く大きなメリットです。

ルールを作り上げていく魅力がある

どうしても長年介護施設運営をしていると、いろんな決まり事や暗黙のルールがあったりして大変です。

そのルールがあまり良くないものだとしても、人間関係もあったり、今までやってきたことをすぐに変えるのが難しかったりして、すぐには変えられないことも多いです。

でも新規の介護事業所では、そんなルールを1から作り上げることができます。

いろんなルールにがんじがらめにされて納得できない経験をしたことがある介護職員にとっては、ルールを作っていくことは魅力的に感じるでしょう。

いままでおかしいと思ったルールを反面教師にして作っていくことができるので、やりがいは大きいです。

開所当初は介護の仕事量が少ないことも

新規の介護施設では、開所してしばらくは利用者さんもあまりおらず、介護の仕事量が少ないこともあります。

最初はゆったり介護の仕事に取り組みつつ、新規事業所としての体制に集中できたりします。

私も新規事業所で働いたことがありますが、開所して1か月は定員の半分にもいかなかった記憶があります。

介護施設のオープニングスタッフのデメリットは?

介護施設のオープニングスタッフとして働くことは、メリットも多くある一方、デメリットもあります。

人手不足のままオープンすることもある

オープンする介護事業所によっては、介護職員が不足のままオープンすることもあります。

既存の介護施設の多くも人手不足ですが、新規事業所であるとより多くのスタッフを採用する必要があるので、採用が間に合わず人手不足のままスタートすることもあるようです。

そんなオープニングスタッフが人手不足だった場合、所属する職員で無理やり勤務をまわしていくために、職員にも無理を強いる可能性があります。

その結果、休日出勤や残業が多くなったり、無理やりなシフト勤務を組まざるえなかったりということがあります。

もし既存の施設を持っているような法人であれば、既存の施設から応援スタッフも来てくれるかも。

なので、もしオープニングスタッフとして働くのならそんなところが良いかもしれません。

教育体制が整っていない

どうしても新規の施設では、教育の体制が整っていないことが多いです。

なので、介護職員も即戦力が求められる傾向があります。

新人でもちゃんとした教育なしに現場で独り立ちさせられたりすることもあります。

新人のうちに教育を受けられずに、間違った介護技術が身についてしまい、後々困ることになるかもしれないです。

私も介護職が未経験で新規事業所で働いたことがあります。

そこでは、入居者さんがまだまだ多くいなかったため、先輩職員から教えてもらう時間もとれました。

でも、新人教育の体制は整っていなかったのを思いだします。

そこで、私は先輩職員さんにおむつ交換のやり方などを教えてもらうように、積極的に質問したり介助動作を見てもらったりしていました。

新規事業所では、新人といえども少しでも早く即戦力になるように、積極的に学んでいく姿勢が大切になります。

経験者の負担が大きくなる傾向がある

オープニングスタッフは新人も多く採用されることも多いのでフレッシュな環境で働くことができます。

でも、新人が多いぶん、経験者の負担が大きくなる場合もあります。

周りが新人ばかりだど、経験者が立ち回らないと現場が回っていかないです。

かといって、いつまでも新人が育たないと、大変なので新人教育も必要です。

ただでさえ環境が整っていないなかで、教育を行うので

  • 新人でもできること
  • 新人でも教えたらできること
  • 今すぐはベテランでないと難しいこと

を整理しておく必要があります。

これらを整理しておかないと、何を新人にまかせたらよいのかわからなくなりますし、新人を育てることもできにくくなってベテラン職員の負担が減っていかなくなります。

このデメリットも既存の施設を持っているような法人であれば、ベテランの応援介護職が来てくれるかもしれないので、もし働くならそんなところを選ばれた方がよいかもしれません。

一から全てを整える必要がある

メリットの部分でルールを作り上げていく魅力を解説しましたが、その反面、から全てを整えてく必要があって大変です。

建物や器具などは新しくても、マニュアルなど業務のあり方などを1から整えていく必要があります。

管理者や上司がしっかりしていたら大丈夫かもしれませんが、入ってみないとわからないことが多いです。

そして、オープン当初、利用者さんが少ないのなら、ケアマネの事業所を回ったりチラシ配りなどの営業活動も必要になるかもしれません。

 

それらは介護職としてすごい良い経験にはなるのですが、大変なことは事実です。

ルールは関連の施設があれば、そのやり方をマネすればいいのですが、いろんな職員が集まってくるので反発される可能性もあります。

スタッフ間で話し合いをしたとき、「私の勤めていた施設では〇〇していたので〇〇するべき」みたいな主張とぶつかることもあるでしょう。

慣れない環境で慣れないスタッフ同士で連携していくので、どうしてもミスも起きたり申し送りのぬけがあったりもします。

あらかじめ考えられるリスクなどを話し合い、協調しながらルールを作っていく姿勢が問われるでしょう。

介護施設のオープニングスタッフで働くためには?

介護施設のオープニングスタッフは即戦力が求められる傾向にありますが、多くの人材を確保しようとするので、未経験でも採用になるケースもあるのであきらめないことが大事です(ただ資格は持っていた方が有利にはたらくことは事実です)。

オープニングスタッフの申し込みは意外と多いので、競争率が高い傾向にあります(地域によっては人員がそろわないことがあるのも事実ですが)。

もしオープニングスタッフとして働きたいのなら、知人に教えてもらったり、求人サイトに登録してオープン二ングスタッフを探してみるといいでしょう。

介護施設のオープニングスタッフに求められる人間像は?

介護施設のオープニングスタッフには

  • 柔軟性と臨機応変さがある
  • 一から作り上げていくことに喜びを見いだせる
  • 相談しつつも自ら率先して行動していく姿勢
  • 仲間と協力してやり遂げることを楽しめる

のような人間像を求められます。

上で解説したようなデメリットを、他の介護職員と相談しつつ解決していき、一方では自ら率先してやっていく姿勢が大切です。

想定していないようなイレギュラーなこともおきると思いますが、柔軟に対処していく粘り強さも必要になるでしょう。

介護施設のオープニングスタッフの志望動機はどう伝える?

介護施設のオープニングスタッフの採用面接では志望動機も聞かれると思います。

そんな志望動機は上記の求められている人間像を盛り込みつつ、新しい環境で働けるやる気を見せるといいです。

下に志望動機例を載せておきますね。

新設の新しい環境で働けることで、介護職としてより成長できると考え御施設(御社、御法人)を志望しました。

私は〇年間〇〇施設でリーダーとして働き、自ら企画して勉強会も開催しました。

〇〇施設では看取りの利用者さんも多くおられ、急変時の対応なども経験しており想定外のことも臨機応変に対応してきた経験があります。

これらの経験を活かしつつも協調性を持って新しいチームの一員として、謙虚に働いていきたいです。

この志望動機例ほどの経験がなくても、前の項目で解説した求められている人間像を盛り込んでいくといいかと思います。

介護経験者であれば、委員会活動などで企画を立てたり、自分が中心になって取り組んだ経験などをまぜこんで話すとアピールしやすくなります。

また、未経験であれば、上記の求められる人間像にそった今までの仕事などのエピソードをまぜながら、アピールしていくといいでしょう。

まとめ

介護施設のオープニングスタッフとして働くときにメリット、デメリットや求められる人間像について解説しました。

オープニングスタッフは大変ですが、介護職として大きな成長ができます。

オープンする介護施設で働くのも立派な選択肢だと思います。

今回の記事で取り上げた内容が、少しでも役立てば幸いです。