介護施設のグループホームは大変?きつい?わかりやすく解説するよ!

介護事業所のなかでグループホームで働くってどうなんでしょう。

転職活動などで、グループホームに興味も持ちます。

グループホームって他の施設と異なり、特徴的な部分が多くあります。

そんなグループホームの特徴や実際のところはどうなのかなどを解説していきます。

介護事業所のグループホームで働くのって大変?特徴は?

グループホームは認知症の利用者さんが介護職員の援助をうけながら、共同生活していく施設のことです。

5から9人の利用者さんを1つのユニットとして共同生活を行っていきます。

認知症の利用者さんは環境の変化が苦手なので、少人数でなじみの関係をつくっていきケアをおこなっていく施設です。

グループホームは地域密着型の施設なので、利用者さんがグループホームを利用したいときはその地域に住民票がないと原則利用できません。また認知症の診断も必要になります。

 

そんなグループホームは利用者さんができる範囲の家事などをやってもらい、生活そのものがリハビリになり認知症の症状の緩和や進行を遅らせていくことを目指していきます。

利用者さんと一緒に料理をしたり、掃除や洗濯をしたりといったことを介護職員として支えていく施設です。

他の施設では調理や掃除は基本的には、職員の仕事になっていると思うので、この部分が特徴的とも言えます。

利用者さんも少人数であり、利用者さんの過去の経験や趣味などを活かしてもらう関わりもしていくので家庭的な雰囲気になっています。

認知症ケアに興味があるなら、グループホームで働くことは大きな学びとなるでしょう。

グループホームで働くにあたっての実際は?

上記のように説明をうけると、家庭的な雰囲気で介助できて、「利用者さんと一緒に家事などをしながらケアができるかも」なんて思われるかもしれません。

でも、実際のところは各グループホームの考え方によって、どのような利用者さんがいるのか異なったりもします。

例えば

  • 身体面では自立しており、いわゆるグループホームのイメージに近い施設
  • 重度化している利用者さんも受け入れしている施設
  • 看取りも行う施設

などなどのグループホームによって考え方が異なります。

重度化した利用者さんを受け入れている施設では、利用者さんと一緒に料理なんてできずに、利用者さんの身体介助や生活全般のケアでいっぱいいっぱいなんてこともあるようです。

そんなふうにグループホームによって考え方が違っていて、グループホーム入居中に重度化してしまってからも、最後まで見てくれる施設もあれば、他の施設に移ってもらう施設もあります。

なので、介護度の高い利用者さんばかりのグループホームもあったりするので、採用面接時などに確認することが必要です。

グループホームの仕事ってきつい?夜勤などの勤務体制は?

グループホームの勤務は他の入居型の施設と同じように、

  • 早出
  • 日勤
  • 遅出
  • 夜勤

などのシフト勤務にわかれている場合が多いです。

利用者さん1名に対し常勤職員が3名配置しています。

そして、夜勤は利用者9名につき1人以上配置することが定められています。

グループホームで夜勤をすると、職員の数も少人数なこともあるので、1人夜勤をするケースが多いです。

1人夜勤では仮眠はとれにくいと考えておいた方がいいかと思います。

そもそも仮眠室がないグループホームも多くあるようです。

なので、1人夜勤に慣れていない介護職員は、グループホームでの夜勤を不安に思う場合もあるかと思います。

ただ「グループホームでの夜勤は特養などの施設よりも楽」と話す介護職員もいるので、利用者さんに重度者がいるかなどの状況によって大変さは変わるでしょう。

グループホームって看護師はいないの?

グループホームに看護師さんの配置基準はありません。

いままで特養などの施設で勤めていたら、日中は看護師さんがいて急変時の対応など医療面のことを相談できたので不安に思う介護職員もいるでしょう。

ただ、最近は重度化に対応するために、配置基準にない看護師を採用しているグループホームも多くあります。

そんなグループホームでは、看護師さんは重度者の対応のほかに簡単な処置や機能訓練もおこなったりもしています。

もし看護師さんがいるようなグループホームが希望であれば、面接などで確認した方がいいでしょう。

同時に夜間での急変時の対応方法なども確認しておくと、「働きだしてからこんなはずではなかった」ということも減らせると思います。

グループホームって家事援助が苦手なら働きにくい?

もし家事が苦手なのであれば、グループホームで働くことを不安になられているかもしれません。

グループホームで働くのであれば、料理など家事ができた方が良いのは事実です。

ただ、グループホームに働きだしてから職員や利用者さんなどに教えてもらいながら一人前になった介護職員も多くいます。

家事が得意な利用者さんに教えてもらうのもいいコミュニケーションにもなります。

1つづつできる家事を増やしていくようにすると、意外とできるようになるもんですよ。

また、各グループホームによって料理の対応も異なるので、これも採用面接時などに確認しておくといいでしょう。

料理も献立、買い物、料理、配膳とすべてやるところもありますし、料理は関連施設や外部事業所に頼んで配膳のみのグループホームも増えており、幅があります。

 

そして家事ではないですが、休憩時間も利用者さんと一緒にご飯を食べるグループホームもあります。

家庭的な雰囲気がいいと思えるかもしれませんし、休憩はキッチリ休みたいと思う介護職員もいるでしょう。

各介護士の希望の働き方で異なると思うので、そういう部分も採用時などに確認取れるなら取っておいた方がいいでしょう。

グループホームは人間関係は?

グループホームは利用者さんが少人数であるために、職員の数も少なくなります。

職員が少人数であるため、合わない職員がいたときは人間関係がかなり辛く感じるでしょう。

介護の仕事はチームで動くので他の施設も人間関係が悪いと辛いとは思いますが、大規模な施設であれば様々な人間がいるので合う職員もいたりします。

グループホームのような小規模な施設で人間関係が悪い場合は、本当に逃げ場がなくなってしまいます。

ただ、その分仲良くなったときは、人間関係も濃密になり本当に働きやすく感じるとは思います。

グループホームの給料は安い?

グループホームの給料は他の入居型の施設に比べて安い傾向にあります。

ある調査によれば、特養との差が約6万円あったとの調査もあります。

ただ、特養の場合は、昔からある施設も多いのでベテラン職員も多くいたりして、平均を引き上げている可能性はありますが、グループホームの給料が低い傾向にあるのは事実です。

法人によってはベテラン職員は優遇してくれる可能性もあるので、面接時などに確認してみてもいいでしょう。

夜勤手当は3000円から5000円くらいであることが多いようですが、中には1000円代と安いところもあるみたいなので、これも求人表などを確認するようにしましょう。

まとめ

介護職がグループホームで働くにあたっての実際のところはどうなのかを解説してきました。

グループホームで働と認知症介護の経験が多く積むことができるのでやりがいはあるとは思います。

今回解説した内容がグループホームで働くかどうかの参考になれば幸いです。