介護施設を円満退職するための手順や流れは?経験者がくわしく解説するよ!

介護事業所を転職などで辞めるときに、できたら円満退職したいものです。

介護業界は施設同士で横のつながりもあったり、以前の施設の職員と研修で顔をあわせたり、一緒に働く場合もあります。

そこで、介護職員が施設を円満退職する手順や方法を解説していきます。

介護施設を円満退職するには計画的にすすめることが大事

どこの会社でもそうかもしれませんが、介護事業所の場合も円満退職するために、計画的にすすめていくことが大事です。

仕事の引継ぎも必要ですし、多くの施設で人手不足で大変です。

なので、退職することは、できたら早めに伝えておいた方がいいでしょう。

多くの介護施設では就業規定に1~3か月前に退職の意思を伝えると書いてあります。

就業規定を確認しつつ、退職の日程を決めるとトラブルになりにくいです。

もし連絡が遅くなったとしても、遅くても1か月くらい前には伝えるようにした方がいいでしょう。

法律的には退職2週間前に伝えたら大丈夫とされていますが、円満退職したい場合はできる限り早めに伝えることが大事です。

 

また、転職先が決まっているかどうかにもよりますが、生活費3か月分の貯金(できたらもっと)があると次の職場が決まるまで、お金面でもなんとかのりきれることが多いです。

新しい施設で働きだしたとしても、1か月働いて次の月の月末に賃金が払われる場合も多いです。

つまり約2か月収入なしで生活できるお金が必要になります。

実家暮らしでない場合は、お金面も計画的に考えつつ退職時期を決めた方がいいです。

下の記事は在職中に転職活動する場合と、退職後にする場合を比較しているので参考にしてください。

介護士が在職中に転職活動するメリットは!退職後の場合と比較するよ!

事前に直属の上司に退職の相談し意思を伝えることも大事

もしかしたら小さい規模の施設では施設長に直接退職願をだすこともあるかもしれません。

でも、基本的には退職の相談は直属の上司に行うものです。

退職願をだすまえに、退職の相談を直属の上司をおこなっておくとトラブルになりにくく円満退職がしやすくなります。

シフトなどでなかなかタイミングが合わないこともあるかもしれないので、あらかじめ勤務表を見て「この日に退職を伝える」と決めておくといいでしょう。

そして、上司が忙しくなさそうなタイミングで退職の意思を伝えるといいです。

他の介護職員がいない中で退職の相談をおこなった方がいいので、別室で話をしてもらうようにしましょう。

できたら終業時間後がいいでしょう。

仕事中は忙しいですし、始業前に言われたら上司自身の仕事に影響を与えてしまいます。

シフト勤務でどうしても合わない場合は、上司が忙しくないタイミングをみはからって相談しましょう。

上司に伝える退職理由は?

上司に相談すると人手不足な介護事業所も多いので、引き止められるケースも多いです。

なので、退職する意思をはっきりと強くうちだすことが大切です。

そのためには、退職理由も大事です。

退職理由は

  • 仕事の内容が不満
  • 給料が低い

などの本音を言っても上司も良い気分には思わず納得しにくいですし、トラブルにもなりやすいです。

大事なのは愚痴(ぐち)にならないようにすることです。

 

なので、

  • 将来を思い〇〇の施設で働きたいので辞めさせてください。
  • 新しく〇〇に挑戦したいので退職させていただきたいです。

などの前向きかつ個人的な内容であることが望ましいです。

不満ではなくプラスの理由であると、直属の上司がさらに施設長などの上司に伝える場合も報告もしやすくなります。

 

特に思い浮かばないときは、

  • 家庭の事情
  • 親族のすすめ
  • 家族の仕事の都合

などの無難な理由をいえばいいでしょう。

でも、できたら結婚、子育てなど明確な理由があるなら、それらを伝える方がより相手も納得してくれやすくなります。

強い意志ではっきりと退職の意思を伝えることが大事です。

退職の引き止めについては下の記事でくわしく解説しているので、よろしければお読みください。

介護職が退職の引き止めを上司にされた!心構えと対処法を解説!

円満退社するためには、退職する日も相談する

もし、転職先が決まっていた場合は、退職日も相談する必要があります。

転職先の施設からすると「すぐでも働いてほしい」と思っているかもしれませんが、転職先で働き始める日は今いる介護事業所との相談が必要です。

引き継ぎも必要ですし、いきなり辞められても、今いる介護事業所も困ってしまいます。

転職先の働きだして欲しい希望日と照らし合わせながら、上司と相談しましょう。

この退職日を決定することは就業規則に書かれている退職日を守るようにしたら問題ないことが多いです。

(多くの事業所では就業規則に「退職の意思はの1~3か月前までに伝える」と書いてあります。)

冒頭でも書きましたが、労働基準法では2週間前に伝えれば問題ないとなっていますが、できたら円満退職した方がいいです。

相談すると就業規則に書かれている期間でなくても認めてくれる場合もあるので、謙虚な姿勢で相談してみましょう。

転職先を決めてから退職する場合は、あらかじめ就業規則を確認してから転職活動をした方が円満退社しやすくなりますよ。

円満退職のために退職願を書く

退職願、退職届、辞表とありますが、自己都合で円満退職する場合は、退職願を出すことが多いとは思います。

ちなみに、

  • 退職願:労働契約の解約を願い出ること。一般的には自己都合による退職時に出すことが多い。
  • 退職届:会社への明確な意思表示になり、受理された時点で退職。撤回はできない。会社都合の退職時に出すことが多い。
  • 辞表:会社運営にたずさわる役員や公務員が出すもの。

と、この3つは異なります。

なので、自己都合で円満退職を目指す場合は、退職願になるのではないでしょうか。

退職願や届は会社や法人に決まった書式がある場合もありますが、ほとんどの会社や法人では決まった書式はありません。

一般的には、白無地に黒のボールペンで縦書きで書く場合が多いです。

「退職願 書式」などで検索すると、検索結果に書き方が多くでてくるので、それらのサイトを何個か見ていくと書き方がわかりますよ。

円満退職するために勤務先に返す物や受け取る物もキッチリと

介護施設を円満退社するためには、勤務先に返す物はキッチリと返し、受け取るもの確認もしましょう。

上司や人事担当の職員などと相談しながら、返却物を返すようにしましょう。

返却物は、

  • 健康保険被保険者証:健康保険は加入者が会社などを辞めた時点で脱退するようになってます。転職先が決まっていなければ国民健康保険か今までの健康保険の任意継続制度を利用することになります。
  • 社員証、名刺などID系:その事業所の職員であることを証明するものは返却します。
  • 制服:クリーニングして返却するのが一般的です。傷んでいる制服や古い制服などがあれば相談してみてください。
  • 通勤定期券:現物支給されていた場合は返却します。
  • 勤務先の備品:その事業所で買った備品なども基本的には返却します。
  • 勤務先で購入した資料や書類:事業所のお金で購入した書籍なども返却します。

などの場合が一般的です。

そして、退職時の受け取るものは、

  • 離職票:転職先が決まっていない場合は失業保険の受給手続きの場合に必要になります。ただ自己都合の退職の場合は3か月待期期間があり、3か月は支給されないので注意してください。
  • 雇用保険被保険者証:転職先が決まったら提出します。
  • 年金手帳:自己保管ではなく会社が保管している場合は受け取りましょう。
  • 源泉徴収票:所得税の年末調整に必要です。これも転職先が決まったら提出します。

これらの書類は後日郵送になる書類もあるので、受け取り時期も確認しておきましょう。

また、その介護事業所によっては、返却物や受け取るものが異なる可能性もあります。

介護事業所によれば有休を消化させてもらえる場合もあると思うので、早めに受け取り方などを確認しておきましょう。

退職日が決まれば引継ぎは積極的に行っていく

退職日が決まれば、上司や後任者と相談しながら、ちゃんと引継ぎを積極的に行っていきましょう。

多くの内容を引き継ぐのあれば、事前に引き継ぐ内容を整理しておいた方が、スムーズに引継ぎしやすいです。

できれば、今までの業務内容などをまとめておき、細かい手順などをノートや資料などに整理して渡すようにしておくと、好印象にうつりますし、後で確認の電話などがかかってくることを減らすこともできますよ。

退職予定日に菓子おりなどを持っていき挨拶する

円満退職するのであれば、退職予定日に菓子おりなどを持っていき、上司や職員に挨拶(あいさつ)をするのが一般的です。

そして、介護施設にもよりますが、利用者さんには挨拶しない場合が多いです。

退職を聞き動揺する利用者さんもいるからとも、また辞めたと思われるとも言われています。

ただ利用者さんへの挨拶はその施設によるので、その介護施設のルールに従ってくださいね。

まとめ

介護職員が円満退職するための手順や流れを解説しました。

最初にもお伝えしましたが、円満退職するためには計画的に動くことが大事です。

退職時は転職に引継ぎに新生活にと忙しいものです。

早め早めに計画的に行動することで、施設に迷惑かけにくくなるだけでなく、自分自身も余裕をもって動くことができますよ。