介護職員の夜勤中の眠気覚ましは?本気で役立つものを真剣に紹介します!

入居型の介護施設の介護職員は夜勤がつきものです。

夜勤をするとどうしても眠くなります。

介護施設によっては、仮眠がとれないような介護施設もあったり・・・。

本当に眠いピークは1~2時間で、そのピークをやりすごしたら意外と大丈夫だったりもします。

そこで介護職員が夜勤するときの眠気覚ましの方法を解説していきます。

介護の夜勤の眠気覚ましの王道は飲み物や食べ物系!

介護の夜勤の眠気覚ましとしてはやっぱり飲み物や食べ物系の眠気覚ましが王道です。

コーヒーなどのカフェイン系は介護職の味方

夜勤の眠気覚ましの王道中の王道はコーヒーなどのカフェイン系の飲み物を飲むのがいいです。

コーヒーはもちろん、ココアや緑茶にもカフェインは含まれています。

緑茶のなかでも玉露はコーヒーより多いカフェインが含まれているとか。

他には栄養ドリンクやメガシャキなどの覚醒をうながす飲み物にも含まれています。

カフェインは飲んだ30分後に効き始め、4~5時間は効くので、コーヒーなどのカフェイン系の飲み物は夜勤の味方とも言える存在です。

ただ、効果が4~5時間持続することから、夜勤終了間際に飲んでしまうと、自宅に帰ってから眠りにくくなるので注意してください。

また、カフェインは飲みすぎても胃腸に悪かったり身体に悪影響も与えるので、飲みすぎないようにしてくださいね。

眠気を覚ましてくれる食べ物もある

夜勤中の眠たさから目を覚ましてくれる食べ物もあります。

例えば、チョコレートには覚醒作用があるカフェインや、カフェインに似た性質があるティオプロミンという成分も多く含まれていて、眠気覚ましに効果ありです。

夜勤中にチョコレートを食べたくなりますが、眠気覚ましの効果もあるんですね。

でも、チョコレートは砂糖を使っているものも多いので、食べ過ぎに注意してくださいね。

 

他にはガムをかむことで眠気覚ましの効果があります。

噛むことで脳に刺激を与えてくれて、リズムよくかみ続けると脳の覚醒をうながすセロトニンが分泌されます。

ミント系のガムをかむことで、よりスッキリして眠気を覚ましてくれそうです。

 

他にはみかんも覚醒効果があると言われています。

みかんの香りは、リラックスしているときに(つまり眠くなる時)にでてくるα波を取り除く効果があり、眠気をとばしてくれるみたいですよ。

身体を動かすのも介護の夜勤の眠気覚ましになる

身体を動かすのも、刺激を与えてくれ、夜勤中の眠気覚ましになります。

ストレッチも介護士の眠気覚ましに

例えば、ストレッチで身体を伸ばすと、痛気持ちいい感じで目が覚めます。

巡視時などに、手を回しながらなど適度に身体を伸ばしながら巡視すると、身体に刺激を与えてくれます。

もちろん利用者さんが起きないように静かにやってくださいね。

筋肉に力を入れて、ぬくを繰り返す

筋肉に力を入れて、ぬくを繰り返すのも、身体に刺激を与え覚醒をうながしてくれます。

例えば、手をグーパーを繰り返し行ったりするのもいいです。

右手でグー、左手はパーなどと左右でグーパーを変えると脳にも刺激を与えてくれますよ。

他には座っているときに、かかと上下させたりするのも適度に刺激を与えてくれ、ふくろはぎのダイエット効果も期待できます。

顔に力を入れて、ぬくのもいい

身体を動かす系の応用になりますが、顔に力を入れて、ぬくのもいいです。

例えば、顔の全てのパーツを真ん中にギューッと集める感じにして、その後、解放すると目が覚める効果が感じられます。

他にはアヒル口や、より目をするなど変顔をするのも適度に顔に力が入って、覚醒をうながしてくれます。

ただ、これは一人夜勤でない場合は、夜勤のパートナーに不審がられる可能性があるので、注意してくださいね。

顔を隠しておこなうと変顔は見られないですが、なんにしろ不審がられるとは思います。

 

身体を動かす系全般に言えることですが、やりすぎるとその時は覚醒しても疲れてしまいます。

後ですごい脱力感がきて逆効果になるので、やりすぎないようにしてくださいね。

また真剣にやりすぎて、身体がつらないようにもしてください。

こんなふうに身体を使うのも夜勤の目覚まし効果がある

身体を使う系には運動以外の方法もあります。

眠気解消のつぼを押すのも夜勤中にあいまでやりやすい

眠気解消のつぼを押すのも介護施設の夜勤中のあいまにやりやすくていいです。

  • 百会(ひゃくえ):頭のてっぺんにあり左右の耳の延長線と鼻の延長線が交差したポイントです。不眠解消のツボとも言われますが、眠気覚ましにも効果あると言われています。
  • 中衝(ちゅうしょう):中指の爪の付け根から3ミリ程度外側の第一関節のあたりにあります。
  • 風池(ふうち):首の後ろ側の髪の生え際あたりにあるツボです。脳の血行をよくしてくれます。
  • 合谷(ごうこく):親指と人差し指のあいだの骨の手前部分にあります。

息をとめて眠気解消

息をとめるのも覚醒をうながされ、眠気がふきとびます。

数十秒息をとめてから、空気をすうと、脳に一気に酸素が流れるので眠気がふきとぶなんて説もあります

確かにやってみると覚醒します。

ただ、やりすぎると体力の消耗も激しいので、何度もやるのはおすすめできません。

耳たぶを引っぱる

耳たぶを引っぱるのも、覚醒をうながします。

両手で左右の耳たぶを持って、下に3秒ほど引っぱってパッと手を離す動作を4~5回繰り返す、不思議ですが目が覚めます。

耳には100以上のツボがあるので、上下左右、ななめにも引っぱっても効果的だと言われていますよ。

グッズを活用して介護の夜勤の眠気覚まししてみる

グッズ系を使っても夜勤時に覚醒をうながすことができます。

保冷剤などで冷やす

保冷剤を首元などにつけると、冷感刺激が与えられ覚醒されます。

保冷材はたいていの介護施設であるのではないでしょうか。

他には、冷却スプレーを首筋に噴射するのも覚醒されます(各スプレーの注意事項は守って使用してください)。

ただ、この技は冬場には寒すぎて使いにくいかもしれません。

まあ、冬にやった方がより刺激があり覚醒するかもしれませんが、覚醒後ドッと疲れそうです。

メンソレータムを鼻先や鼻の下などに塗る

メンソレータムを鼻先や鼻の下にぬると、ミントのような香りがあって爽快感があり眠気を覚ましてくれます。

ただ、肌が弱いと肌荒れの原因になるかもしれないので、注意してください。

目薬をさすのも眠気解消

クール系の目薬をさすのも爽快感があり眠気解消になります。

介護職は記録などでわりあい目も使うので、目の疲労回復効果も期待できます。

夜勤明けに目薬をさしたら、テンション高く「きたー」って言いそうになるかもしれません。

アロマオイルで覚醒をうながす

レモンやユーカリなどのアロマの香りは刺激をあたえ、眠気を覚ます効果があります。

ストレスの多い介護職の夜勤にアロマの香りでリラックスするのでいい感じです。

精製水とアロマオイルを数滴まぜてスプレーボトルに入れるとできるので簡単です。

やっぱり介護職の夜勤中の眠気覚ましは仮眠が最強

やっぱり介護職の夜勤中の眠気覚ましは仮眠が最強です。

できたら1~2時間とった方がいいですが、難しい場合は短時間の10分~20分とるだけでも回復効果があると言われています。

実際私は夜勤中にどうしても身体が辛くて、短時間だけ眠らせてもらったのですが、回復したように感じました。

また、眠れなくても短時間だけ目を閉じて何も考えないようにしているだけでも効果があると言われています。

どうしても仮眠の時間がとれないときは、休憩中に短時間だけでも目を閉じてみるのもいいでしょう。

仮眠をとれる場合で起きれる自信がない場合は、コーヒーを飲んでから仮眠するとカフェインが効いてきて起きやすくなりますよ。

夜勤中に介護職も声を出してみるのも眠気覚ましに

大声は出せないとは思いますが、夜勤中に介護職も声を出してみるのも眠気覚ましになります。

職員と話す

一人夜勤でなければパートナーの職員と話をしてみましょう。

声を出すだけで眠気解消になりますが、会話をするとより覚醒されます。

多くの介護施設では職員同士の仲が微妙な場合もあるかもしれませんが、勇気を出して話してみると意外と仲良くなれたりします。

介護職員同士の会話は覚醒をうながすだけでなく、職員関係改善にもつながりますよ。

歌を歌う

歌を歌うのも眠気覚ましになります。

さすがに介護施設で夜勤中に歌を歌ったりはできないかもしれません。

でも車通勤だった場合、自宅までの帰り道が眠たい場合もあります。

そんな時は車内で歌うと、眠気も多少ふきとびます。

ただ、どうしても眠い場合は公園や道の駅などにとめて仮眠してから、自宅に帰るようにしてくださいね。

まとめ

介護職の夜勤中の眠気覚ましの方法を数多く紹介しました。

多くの方法を紹介したので、この中で良いと思うものを組み合わせて使ってくださいね。