介護施設の看護師って偉そう!介護士を見下す!人間関係を構築するには?

介護施設で、看護師と介護職員の仲があんまりなんてことを時々聞きます。

介護施設では看護職員が偉そうにして介護士を見下すなんてこともよく耳にします。

私も介護施設で働いていたので、看護師さんとの付き合い方をいろいろ考えさせれました。

そんな介護施設での看護師との人間関係や連携のはかり方を解説していきます。

介護施設の看護師ってなぜ偉そうなの?どうして見下す?

看護師の最初のキャリアが病院

看護師がなぜ介護施設で偉そうなのかというと、看護師のキャリアのスタートは多くは、病院からスタートすることが大きいようです。

今介護施設にいる看護師さんの多くも病院からキャリアがスタートしています。

 

病院ってどんな社会かというと、お医者さんがトップの社会です。

つまりお医者さんから指示を受けて看護師さんは動きます。

一概には言えませんが、お医者さんはプライドの高い方も多いです。

お医者さんは小さい頃から勉強ができる人がなることが多いので、おのずとプライドが高くなる傾向にあります。

そんなプライドが高いお医者さんと看護師は関係を構築していき、人間関係を作る方法を学んでいきます。

 

そして、そんな医師から指示を受けて動く看護師さんは、さらに看護助手に指示を出します。

自分たちは医療的なケアを主として行いたいので、それ以外のことは看護助手に指示を出して動いてもらいます。

この看護助手というのが、病院における介護職員です。

よく助手さんなんて病院では言われていますが、名前の通り看護「助手」です。

病院では看護師は看護助手に指示出す側であるので、どうしても下に見てしまいがちです。

 

看護師さんはこのように上下関係がしっかりしている社会を生き抜いてキャリアアップしてきたので、介護施設に来てからも介護職員を上から目線で見てしまうことが多いようです。

またプライドの高いお医者さんと関係を構築できるくらいなので、介護職員をねじ伏せるくらい簡単な話でしょうね。

介護施設でも介護職員ができることが限られていることも・・・

病院と違い、介護施設は介護職員が中心になって現場を回していきます。

でも、そんな施設介護職員もできないことがありますよね。

そうです。医療行為です。

様々な処置など看護師さんに頼らなくてはダメで、介護職員だけで利用者さんのお世話が完結できません。

どうしても看護師さんに頼らなくていけないことも、看護師さんが介護士を見下す原因になっているようです。

そもそも介護職員の中には医療知識が欠けている人も・・・

また介護士も医療方面の知識に関して苦手意識がある人も多いようです。

介護職員は特に資格が必要ではないので、医療知識もその個人の介護職員によってバラバラです。

なので、介護職員によっては本当に医療知識について欠けている人もいます。

また、介護の資格を持っていても、介護福祉士やケアマネの試験で医療の科目が苦手だったなんて人も多いのではないでしょうか。

本当は介護職もある程度医療知識が必要なんですが、現実問題として苦手意識がある人が多いようです。

そんな苦手な分野に詳しい看護師さんに対して頭が上がらないのは当然の成り行きです。

介護施設ではいざというときは、看護師が立ち回らないといけない

また、病院は医師がいて、何かあったときに医師にすぐに相談をすることができるのですが、介護施設で医師が常駐しているところは少ないです。

そのため、利用者さんの容態が急変したときなどは、看護師が中心になって対応する必要があります。

介護職も急変時に対応しますが、看護師が来るまでのつなぎ的な部分であることが多いです。

いざというときは中心になって看護師が立ち回らないといけないため、そんな責任感というかプレッシャーもあるので、介護職員にたいして厳しく接してしまいがちになります。

看護師という職業柄の性格的なものもあるかと

看護師がもつ性格的なものも介護士を見下す原因であると考えられます。

看護師さんって性格がチャキチャキテキパキしている人って多くないですか。

看護師は最初のキャリアが病院なので、医師の下でテキパキと行動する必要があります。

医師に気に入られるためには、ある程度チャキチャキした行動が必要になってきます。

 

また、病院は生死の修羅場をくぐりぬける経験を積むことが多いです。

介護施設も生死にかかわりますが、どちらかというと日々の生活寄りでマッタリしているとも言えます(介護施設も仕事はハードなんですけどね)。

病院ではテキパキ行動しないと、即、患者さんの死につながってしまいます。

結果、働いているときの看護師さんの性格は、チャキチャキした性格になりがちです。

そんなチャキチャキした性格の看護師さんは、どうしても介護職員に対してもハッキリとした態度で接しがちです。

それが場合によっては、見下すように見えることもあるのでしょう。

看護師と介護士の人間関係を改善して連携していくには?

上では看護師が介護士に対して偉そうな理由について紹介してきました。

ここからは看護師との人間関係を改善していく方法を解説していきます。

介護士も医療知識をもっとつける

やっぱり、介護士と看護師が連携していくためには、介護職員が医療知識に対して向き合う必要があります。

上にも書きましたが、医療面の知識において介護職員は苦手意識がある人も多いです。

でも、介護職員ももう少し医療知識をつけないと、看護師さんになめられてしまいます。

看護師さんも医療について詳しい介護職員がいれば、一目、置くもんです。

看護師さんもチームで動く職業です。

医療についてちゃんと説明しなくてもわかってくれる(わかろうとしてくれる)人がいたら、チームの一員と見なすようになるのは当たり前です。

日々、医療知識をつけていくには

では日々医療知識を付けていくには、どうしたら良いのでしょうか?

介護福祉士試験の医療分野の本を見ても、まったく頭に入ってこないもんです(笑)

介護職が医療知識を身につけていくには、今いる利用者さんの病気について学んでいくことから始めたら働きながら効率よく学べます。

日々の申し送りでその利用者さんの病気について触れていることもあると思います。

それらを一つ一つ学んでいけば良いだけです。

  • 褥瘡のこと
  • 胃ろうのこと
  • 吸引のこと
  • 狭心症のこと
  • 間欠跛行のこと

などなど、

毎日の申し送りで次々学べることが出てくると思います。

 

申し送りの内容を見て、わからないことがあれば素直に看護師さんに聞いてみると良いです。

また、その看護師さんから教えてくれた情報から、さらに疑問点が生まれたら自分で調べてみたらさらに良いですよ。

ネットで簡単に調べることもできますしね。

それでなおかつ自分が調べたことを、看護師さんに確認したり質問したりしたら、「こいつ、頑張っている」って看護師さんも思ってくれて、医療知識も付くし看護師の見る目も変わるしで、一石二鳥です。

私はこの作戦をやって、看護師さんに気にいってもらってましたよ(笑)

看護師さんに報告する内容について聞いておく

あらかじめ介護職員から報告して欲しい観察点について、看護師さんに聞いておくのも良いです。

看護師さんに必要な観察点を確認しておくと、後で「何でこのことをちゃんと観察してくれないの?」なんて言う注意から逃れることもできます。

多職種連携のためには、その職種の視点を理解しておくとスムーズに連携することも可能です。

また連携だけでなく、看護師さんが注意するポイントがわかると、看護師さんとしての視点も手に入れることができますし、医療知識も付けることができます。

結果、本当に視点が広がって介護職員としてのレベルも上げることができますよ。

ちゃんと声をかけつつ連携する

介護職員で看護師さんが苦手になっている人も結構いますが、ちゃんと看護師さんと声をかけつつ連携していくことも大事です。

例えば、皮膚のケアが必要な利用者さんは、入浴後に看護師さんの処置が必要だったりします。

そんなときにちゃんと声かけができて連携をとれていれば、看護師さんもいちいち服を脱がせなくても良いので効率が良いし、利用者さんも楽かと思います。

言うべきことは言うけど、根拠と礼儀は大切

やっぱり多職種なので、看護師さんと介護士で意見が対立することもあるとは思います。

また、対立とまではいかなくても、相談したい場合もあるでしょう。

そんな場合で大切なのは、ちゃんと根拠を固めてから意見を言うことです。

根拠に乏しいフワッとした自分の思いだけでぶつけても、看護師さんに叩き潰されるだけです。

看護師さんの中には医師を説得した(手なずけた?)経験がある看護師さんも結構います。

そんな医師とのハードな関係を築いてきた看護師さんに、何となく意見をぶつけても絶対納得してくれませんよ。

 

また相談するときは、礼儀よく相手の都合に合わせて相談することも大事です。

やっぱり忙しいときに相談に来られたら、かえって悪印象になりかねません。

相手の都合も見つつ、謙虚に相談していく姿勢も大切です。

頑張る姿勢も大事

上にも書きましたが、看護師さんってチャキチャキしている人が多いので、頑張っている人って嫌いではないです。

職業柄ダラダラ仕事こなされると、看護師さんもイラっときがちですが、逆に頑張って誠実に努力している職員さんには応援したくなるようです。

頑張る誠実な姿勢は看護師さんとの連携のためには、かなり大切だと思います。

長年介護施設で働いてきた私は本当に実感してますよ(笑)

まとめ

介護施設で働く看護師さんとの人間関係について解説しました。

介護施設で大切なのは、利用者さんのためになることが大事です。

介護職員と看護師さんが連携をはかれていた方が、利用者さんにとっても有益です。

また介護職員も日々看護師さんにビクビクしないで良くなります。

今回紹介した内容が、看護師との連携に少しでも役立てば幸いです。

 

この記事の内容を見ても、どうしても看護師との関係が辛いのであれば、転職などもありとは思いますよ。

施設看護師も所属する介護施設で協力度合いが異なることも多いです。

私は転職して人間関係が良くなったので転職という方法もありだとは思ってます。

良ければ下の記事をお読みくださいね。

介護職員が人間関係で辞めたい場合の考え方を解説!転職は悪いことではないよ