ショートステイに転職って大変?仕事が楽?仕事内容などを知りたい!

介護士の転職先としてショートステイも考えておられるかもしれません。

ショートステイの仕事って大変なんでしょうか?

それとも楽なんでしょうか?

ショートステイってどんな施設なのか何となくはわかるけど、詳しくはわからないなんて介護職員さんも多いです。

やっぱり自分が所属してきた介護事業所以外のことってよくわからないですよね。

そこで、ショートステイの転職を検討するために特徴や種類などを解説していきます。

ショートステイって大変?特徴は?

ショートステイの特徴は?

ショートステイは、短期利用で入所して利用するサービスです。

基本的には介護度の認定期間のおおむね半数以下の日数しか利用できず、そして連続しての利用は最長30日と制限があります。

名前の通り長期利用ではなく、短期でお泊りして支援を受けるサービスになります。

家族さんが病気や出張・冠婚葬祭などのやむえない外出などで利用する場合が多いです。

他にはレスパイト(小休止という意味)という家族さんの介護休息で利用されたりもします。

特養などいわゆる入所施設と同じで、排せつ、食事、入浴などの3大介助や離床介助などもおこない、生活を援助していく施設です。

なので、ショートステイも他の入所型の施設と同じように、早出、日勤、遅出、夜勤などのシフト勤務になっていることが多いです。

ショートステイは事業所の数にも限りがあるので、人気のあるショートステイの事業所やデイなども休みになる年末年始の期間などは、早めに予約しておかないと、利用できない場合もあったりもします。

また、ショートステイも事業所によって、個室の施設、相部屋の施設もあるので、転職時は確認しておくと、「こんなはずではなかった」ということが減らせると思います。

ロングショートステイもある

利用者さんによっては、やむえない理由でショートステイを短期ではなくロングで利用されている人もいます。

私個人的には日本語的にどうなのかなとは思うのですが、よく『ロングショートステイ』なんて呼びます。

各市町村によってロングショートステイを認められるケースが異なるのですが、家族の介護が困難で他の施設を入居待ちの利用者さんがやむをえず利用されるケースが多いようです。

ショートステイの事業所によっては、ロングショートステイの利用者さんの割合が多い施設もあるようなので、そうなると普通の入所型の施設とあまり変わりがありません。

いわゆるショートステイのイメージで働きたい介護士さんは、転職時に確認しておいた方がいいかと思います。

ショートステイの種類は?転職時はここもチェック!

ショートステイには種類があります。

ショートステイの種類は2つ

ショートステイは大きく分けて

  • 短期入所生活介護
  • 短期入所療養介護

の2つに分けられます。

短期入所生活介護は?

短期入所生活介護は、ショートステイ専用の施設でサービスを受けたり、特別養護老人ホーム(特養)に併設されています。

ショートステイ専用の単独型の施設は民間も参入していますが、特養の場合は社会福祉法人や市町村が運営しています。

食事や入浴、排せつなどの生活介護と簡単な機能訓練やレクなどをおこないながら、利用者さんを援助していきます。

短期入所療養介護とは?

短期入所療養介護は、介護療養型医療施設や介護老人保健施設(老健)に併設されています。

看護師や理学療法士などから医療的ケアも受けられるので、医療的なケアが必要な利用者さんを援助していきます。

医療的ケアが必要なことからか、併設型の施設がほとんどです。

併設型では・・・

ショートステイは特養や老健に併設していることも多いのですが、併設している場合は併設している施設の仕事を兼ねる場合が多いです。

例えば、特養に併設しているショートステイは、特養職員として区別なく働く場合も多いです。

なので、併設型の場合、求人は特養や老健などの求人で出ていることが多く、併設のショートステイだけの求人はあまり多くないかもしれません。

給料面は、併設型は社会福祉法人や医療法人が母体のためか併設型の方が高い傾向にあるようです。

ただ、これも各法人によって考え方が異なるので、転職活動時に確認が必要です(ちなみにショートステイ職員の平均は17万円代というデータがあります)。

 

ショートのみで働くことを希望される場合は、ショートだけ独立している単独型の施設で働いた方がいいでしょう。

ただ単独型の場合も、サービス付き高齢者住宅(高齢者用の賃貸住宅)の建物の中などに、ショートステイの事業所があったりすることも多いです。

働き方などは各事業所で異なる可能性があるので、実際の業務内容などをよく確認してから転職先を決められた方がいいかと思います。

ショートステイの仕事は楽?きつい?向いている人は?

次にショートステイの特徴についてもう少し詳しく紹介して、どんな人が向いているのかも説明していきます。

ショートステイは利用者さんの入れ替わりが多い

ショートステイは短期利用する利用者さんが多いので、当たり前ですが利用者さんの入れ替わりも多くなります。

特養などの一般的な入所型の施設では、長期間をかけて信頼関係を構築していくことができます。

じっくり時間をかけて利用者さんのことを把握していくことが可能です。

しかし、ショートステイの場合はリピーターの利用者さんでない場合、毎回手探り状態で利用者さんと接する必要があります。

また、リピーターと言っても定期的に利用する利用者さんでなければ、介護度が進んでいて別人のようになっている場合もあります。

次々来られる新しい利用者さんへの対応が苦痛でない介護士さんは、ショートステイで働くのが向いていると言えます。

アセスメントもその都度必要

利用者さんの情報を、ケアマネなどから受け取っていても、実際は違う場合も多いです。

在宅での生活をケアマネは支えています。

しかし、家族さんの介助が手厚いことで在宅生活に大きな問題がない利用者さんの場合、夜間帯やサービス利用している時間以外の情報は意外と持ってなかったりすることも。

なので、定期的な利用でなければ、ショートステイ職員が利用者さんや家族さんと面談して、アセスメントをする必要があります。

立位などのADLや食事、排せつ、入浴のことなどでアセスメントが必要です。

こういうアセスメントは管理者や相談員が行う場合が多いです。

ただ、利用者さんの入れ替わりが多いショートステイでは、アセスメントに充分時間がかけられない場合も多く、基本的な情報を得ると、あとは現場の判断にまかせられるケースも多くあるとショートステイの職員さんから聞いたことがあります。

なので、ショートステイで働く介護職員さんには、臨機応変さも求められます。

家族の要望を受け入れることも多い

ショートステイの利用者さんは普段自宅で家族などから介助を受けているので、家族の介助の希望を聞き入れる必要もあります。

なので、施設独自のケアがやりにくい部分があって、職員は対応が大変です。

他の入所型施設では、家族のもとを離れて入所するので施設独自のケアに移行しやすいのですが、ショートステイの場合は短期間で自宅に帰るので、家族さん独自のケアも尊重する必要があります。

もちろん、ショートステイでも基本的には個別のケアを重視すべきですが、家族さんのように本当に1対1の対応をすることが難しいのが現実です。

流れ作業になってはいけませんが、利用者さん一人の介助に何時間もかけられません。

そんなことをすると他の利用者さんの介助もできなくなりますし、職員の負担も大きくなりすぎてしまいます。

でも、その現実が家族さんによってはわかっていないために、家族さんの要望とぶつかることもあります。

素人である家族さんがやっているのだから、プロである介護職員も「それくらいやって欲しい」と思われたりする場合もあるようです。

難しいですが、家族さんの要望にできる限りこたえつつも、家族さんに理解してもらう必要もあります。

そういう話を家族さんとするのは管理者や相談員がしますが、そんな家族さんの独自のケアも取り入れる柔軟性もショートステイ職員には求められます。

送迎も場合によっては必要

ショートステイは利用者さんの自宅と施設の送迎のサービスも行っています。

多くのショートステイの事業所では管理者や相談員が送迎をおこなう場合が多いです。

多くの施設では職員不足で、現場の人員配置が難しくなってしまうからのようです。

ただショートステイの事業所によっては、介護職員がおこなうこともあるので運転免許はあった方がいいかもしれません。

もし運転があまり得意でないならば、送迎を介護職員がおこなうかどうかも確認した方がいいでしょう。

まとめ

ショートステイの転職を考えられているかたへ、特徴などを説明しました。

新しい利用者さんも多いので、そんな利用者さんに臨機応変に対応する力が必要です。

ショートステイで働くことは大変な部分もありますが、やりがいがあります。

ショートステイで働くと、介護職員としての幅を広げることもできるでしょう。